みすず書房

音楽がわかるとは、難解な暗号を覚えることとはちがう。それは、聴いて楽しむことを意味するにすぎない。……とはいえ専門知識があれば、自分の大好きなものを聴くとなぜ楽しいのかがわかる、という見返りがある。
(「まえがき」より)

18世紀から20世紀初頭まで、バッハからアルバン・ベルクにいたる作曲家たちはどのようにして、聴き手の感情を波立たせる美しい曲をつくったのだろうか。しかもその方法は時代とともに、とくにベートーヴェン以後はドラスティックに変化した。
心憎いほど音楽を知りつくした音楽理論家・ピアニストが、古典派以前からロマン派以後までの名曲——〈シャコンヌ〉から《ヴォツェック》まで——を例に、繊細な表現の構造と、計算しつくされたからくりを分析する。協和音と不協和音の緊張と解決の方法が変わると、表現はどう変わるか。ハ短調が注目に値する理由は何だったのか。
「驚きなのは、緻密な分析と専門的なアプローチをしながら、みごとに感動的なことだ」(『ガーディアン』紙評)
巻末には愉しい付録が付く。2010年にともに生誕200年を迎えたショパンとシューマン、それぞれを祝うエッセイ、「ハッピーバースデー、ショパン!」と「ハッピーバースデー、シューマン!」。
なお、おなじ著者の第一弾、『ピアノ・ノート』は2009年に刊行して大ヒットし、すでにロングセラーに仲間入りした。

目次

まえがき
プロローグ
1 複合的なシグナルの意味を決めるということ
2 古典派以前
3 対立しあう情緒——古典派
4 ハ短調様式
5 ベートーヴェンの拡張
6 ロマン派——音の強さ
7 執拗さ——ロマン派以降

付録
ハッピーバースデー、ショパン!——2010年、生誕二百年を祝って
ハッピーバースデー、シューマン!——2010年、生誕二百年を祝って

索引

書評情報

岡田 暁生(音楽学者)
日本経済新聞2012年2月5日
小沼純一(音楽評論家)
週刊読書人2012年3月9日
室井摩耶子(ピアニスト)
月刊ショパン「特集 ピアニストの薦めるピアノの本」2012年5月号