「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



合理的選択

RATIONAL CHOICE


理論経済学の地平を切り拓きつつある研究者が平易なことばで〈ミクロ経済学〉〈ゲーム理論〉〈意思決定理論〉のエッセンスを教えてくれる一冊。数式無しに、社会のあり方についての本質的洞察を与えてくれる経済学からの贈り物です。

著者に師事された松井彰彦先生(訳者)による「あとがき」はこちら

「本書を読めば、明晰かつ専門用語を使わずに、個人の合理的意思決定についての理論を学びはじめることができます。さらにゲーム理論、社会選択論、市場均衡についても概観できます。本書の特色は、リスクと不確実性を強調しているところにあり、標準的な理論とその限界とが明快に議論されています。強く推薦します」
D・フーデンバーグ(ハーヴァード大学)

「本書は、明快かつ包括的で巧みな経済理論への入門書です。重点が置かれているのは、あくまで概念であり、数学ではありません。本書で読者はこの分野の基本的な考え方を身に付けることができますし、哲学、心理学、社会学による洞察も扱われています」
A・フリーデンバーグ(アリゾナ州立大学)


目次


序文
日本語版への序文

I 最適化

Chapter 1 できることと望ましいこと
1.1 例え話
1.2 「できる」と「ほしい」を分ける
1.3 合理的とはどういうことか
1.4 不確実性
1.5 禅と不条理
1.6 理論とパラダイムについて

Chapter 2 効用最大化
2.1 例え話
2.2 二つの重要なこと
2.3 解釈
2.3.1 規範的な解釈
2.3.2 記述的な解釈
2.3.3 メタ科学的な解釈
2.4 測定の問題
2.5 効用と不効用

Chapter 3 制約付き最適化
3.1 一般的な枠組
3.2 例:消費者問題
3.3 限界性の原理

II リスクと不確実性

Chapter 4 期待効用
4.1 実例
4.2 期待値最大化
4.2.1 i.i.d. 確率変数
4.2.2 大数の法則
4.2.3 期待値の実用上の意味
4.3 期待効用最大化
4.3.1 フォン・ノイマン=モルゲンシュテルンの定理
4.3.2 効用が唯一に定まること
4.3.3 リスク回避
4.3.4 プロスペクト理論
4.4 効用の導出
4.5 単純から複雑へ

Chapter 5 確率と統計
5.1 確率とは何か
5.2 客観的確率としての相対頻度
5.3 主観的確率
5.4 統計の落とし穴
5.4.1 条件付き確率の混同
5.4.2 標本の偏り
5.4.3 平均への回帰
5.4.4 相関と因果
5.4.5 統計的有意

III 集団選択

Chapter 6 選好の集計
6.1 効用の和
6.2 コンドルセ・パラドクス
6.3 不可能性定理
6.3.1 アローの定理
6.3.2 得点ルールと評価制度
6.3.3 ギバート=サタスワイトの定理
6.3.4 信任投票に関する議論
6.3.5 結論
6.4 パレート最適性・効率性
6.5 パレート最適性の限界
6.5.1 平等には沈黙
6.5.2 半順序
6.5.3 主観的信念

Chapter 7 ゲームと均衡
7.1 囚人のジレンマ
7.1.1 基本の話
7.1.2 支配される戦略
7.1.3 再び囚人のジレンマへ
7.1.4 効用の意味
7.1.5 教訓
7.1.6 ゲームのルールを変える
7.1.7 繰り返し
7.1.8 カントの定言命法と黄金律
7.2 ナッシュ均衡
7.2.1 定義
7.2.2 正当化
7.2.3 混合戦略
7.3 均衡選択
7.3.1 定型化された例
7.3.2 現実事例
7.4 コミットメントの力
7.5 共有知識
7.6 展開形ゲーム
7.7 完全性と「信憑性のある脅し」
7.7.1 バックワード・インダクション

Chapter 8 自由市場
8.1 例──グローバル化の功罪
8.2 第一厚生定理
8.3 自由市場の限界
8.3.1 外部性と公共財
8.3.2 市場支配力
8.3.3 非対称情報
8.3.4 存在 vs 収束
8.3.5 選好の形成
8.3.6 非合理的行動
8.3.7 「効用」は何を測るか
8.3.8 パレート最適性の限界
8.4 実例

IV 合理性と感情

Chapter 9 感情の進化論的説明

Chapter 10 効用と幸福度
10.1 お金イコール幸せではない
10.2 限定
10.2.1 質問票の妥当性
10.2.2 他人をヘドニック・トレッドミルから追い落としてはならない
10.2.3 人々は全てのものに対して適応するわけではない

結語
訳者あとがき
原注
推薦図書
索引


著訳者略歴

イツァーク・ギルボア
Itzhak Gilboa

1963年テル・アビブ生まれ。テル・アビブ大学 Ph.D.(経済学)。専門は意思決定理論。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
松井彰彦
まつい・あきひこ

1962年東京生まれ。ノースウエスタン大学 Ph.D.(M.E.D.S.)。専門はゲーム理論、社会的障害の経済理論。ペンシルバニア大学経済学部助教授などを経て、現在、東京大学経済学研究科教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

「訳者あとがき」から

著者に師事された松井彰彦先生の「訳者あとがき」を転載します。

 *

私が行った選択で誇りに思っていることが一つあります。それは、ノースウエスタン大学ケロッグ・ビジネススクールの M.E.D.S. という学科の博士課程の学生時代に自分より年下の指導教官を選んだことです。その指導教官の名前はイツァーク・ギルボア。 ...続きを読む »

書評情報

小島寛之 (帝京大学教授)
<日本経済新聞 2013年4月28日(日)>

関連リンク

この本の関連書


「合理的選択」の画像:

合理的選択

「合理的選択」の書籍情報:

A5変型判 タテ210mm×ヨコ128mm/240頁
定価 3,456円(本体3,200円)
ISBN 978-4-622-07733-6 C1033
2013年3月8日発行

この本を購入する