「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



正直シグナル<品切>

非言語コミュニケーションの科学

HONEST SIGNALS

How They Shape Our World


世界が注目する独創的な研究から、イノベーションと物語が生まれる瞬間を切り取った刺激的なレポート。「場の空気」や「暗黙の了解」など、言葉にされないさまざまなコードを、私たちは息苦しいほどに意識ながら生活している。もしそうした「雰囲気」のやりとりが、未来のテクノロジーによって当人にも他人にも丸見えになってしまったらどうだろう? 著者はまさにそんなテクノロジーを開発してしまった。
本書は、非言語的シグナルによるコミュニケーションの領域に初めて科学のメスを入れた研究と、そのパイオニアである著者のビジョンを覗きこむ。前半はこうしたシグナルの想像以上の影響力を例証するややテクニカルな議論だが、集団や社会のダイナミクスを語る後半は、専門の枠を超えたスケールの大きな問題提起となっている。正直シグナルが可視化される未来の社会では、「ネットワーク・インテリジェンス」──人の集合が一個の頭脳のように形づくる知性──が、はるかに効率的に利用されるはずだと著者は語る。
これは私たちにとって朗報となるのか、それとも悪夢となるのか? 私たちはどんな未来を求めるのか。それを幅広い視点で考えるためにも、MITメディアラボで進行する先覚的な研究の水準を、いま目の当たりにしておきたい。解説・安西祐一郎。


目次


プロローグ 神の視座
本書について
本書のプラン
謝辞

第一章 正直シグナル
行動の「薄切り」
社会的シグナルを測る──ソシオメーター
社会的相互作用のための新しい解釈の枠組み
人間の正直シグナルとは?
 社会的シグナルの低量化
影響力
ミミクリ
活動レベル
一貫性
次のステップ

第二章 社会的役割
社会的役割をシグナルで伝える
打診
 実験1 関心の測定
能動的傾聴
 実験2 顧客との相互作用/実験3 ポーカーフェイス
協調
 実験4 給与交渉
主導
 実験5 ビジネス・プランの売り込み
ほんとうにシグナルか? 
次のステップ

第三章 他人の心を読む
戦術的行動
 実験6 国際会議/実験7 採用面接/実験8 スピード・デート
意識か、無意識か
社会的ネットワーク用の回路
社会的ネットワークの定義
 所属の測定/社会的構造の分析/社会的ネットワークの中の連結者(コネクター)
シグナルが人を変える
あらわになった心
次のステップ

第四章 サバイバル・シグナル
集団内の社会的役割
集団内の正直シグナル
シグナリングの伝播
次のステップ

第五章 ネットワーク・インテリジェンス
アイデア・マーケット──集団の力を利用する
愚か者とうわさ話
宝探し実験
ネットワーク・インテリジェンスの管理
無意識のインテリジェンス
ネットワーク・インテリジェンスと個人の知性
個人の意思決定における最善策
次のステップ

第六章 賢い組織
情報の発見と統合
ネットワークの構造と機能
情報の流れをコントロールする
 電子回路
 分散型回路
次のステップ

第七章 賢い社会
知性の社会的な構造
新しい「知性」概念の創出
社会物理学
まとめ

エピローグ テクノロジーと社会

解説(安西祐一郎)
訳者あとがき
参考文献
原注


著訳者略歴

アレックス(サンディ)・ペントランド
Alex “Sandy” Pentland

MITメディアラボ教授。組織工学、モバイル情報システム、計算社会科学の分野におけるパイオニアとして知られ、MITメディアラボのヒューマン・ダイナミクス・グループを設立者/ディレクターとして率いる。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
柴田裕之
しばた・やすし

1959年生まれ。翻訳者。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
安西祐一郎
あんざい・ゆういちろう

1946年生まれ。独立行政法人日本学術振興会理事長。慶應義塾大学名誉教授、慶應義塾学事顧問。慶應義塾大学理工学部長、学校法人慶應義塾塾長などを歴任した。専門は認知科学・情報科学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

瀬名秀明氏評、『パブリッシャーズ・レビュー』紙に

「賢い社会とはなんだろう? 未来のデバイスで社会的ネットワークが可視化されるようになったとき、本当に組織はよくなるのか? 社会はデザインできるのか。著者が今回書き下ろした終盤の考察は新しい科学と物語の芽を見せてくれる。 ...続きを読む »

書評情報

高村和久<HONZ 2013年3月29日>
保阪正康(ノンフィクション作家)
<朝日新聞 2013年5月26日(日)>

関連リンク

この本の関連書


「正直シグナル」の画像:

正直シグナル

「正直シグナル」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
定価 2,808円(本体2,600円)
ISBN 978-4-622-07736-7 C1040
2013年3月22日発行
<ただいま品切です>