「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



自分だけの部屋【新装版】<品切>

A ROOM OF ONE’S OWN


「女性が小説なり詩なりを書こうとするなら、年に500ポンドの収入とドアに鍵のかかる部屋を持つ必要がある」(V・ウルフ)

経済的自立と精神的独立を主張し、想像力の飛翔と軽妙な語り口によって、女性の受難史を明らかにした軽妙な長篇エッセー。フェミニズム批評の古典。

[初版1988年/ヴァージニア・ウルフ・コレクション初版1999年4月発行]


目次


1 私たちは女性と小説についてお話し下さるよう……
2 木の葉はなおも散っていますが……
3 女性が男性よりも貧しいのは……
4 十六世紀に、こうした精神状態の女性を……
5 ついに、現在活躍中の人々の著書を並べた書棚のところに……
6 次の日、十月の朝の光が……

原注
訳注
訳者あとがき


著訳者略歴

ヴァージニア・ウルフ
Virginia Woolf

1882年、著名な文芸批評家レズリー・スティーヴンを父親として、ロンドンに生れる。父親の教育と知的な環境(ブルームズベリ・グループ)の中で、早くから文芸への情熱をはぐくむ。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
川本静子
かわもと・しずこ

1956年津田塾大学英文科卒業、1957年東京大学大学院修士課程修了。1962‐63年ハーヴァード大学大学院留学。津田塾大学名誉教授。2010年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

落合恵子<クーヨン 2013年10月号>

この本の関連書


「自分だけの部屋【新装版】」の画像:

自分だけの部屋【新装版】

「自分だけの部屋【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
定価 2,808円(本体2,600円)
ISBN 978-4-622-07773-2 C0097
2013年5月16日発行
<ただいま品切です>