「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



翼ある夜 ツェランとキーファー

著者
関口裕昭

鳥は生命の赤さをもつ羽根の上に雪片をのせて運び、
氷の粒子を嘴にくわえて、夏を通りぬけてやって来る。
――パウル・ツェラン

これは無限に小さいものへの言及であり、われわれの知覚能力の限界を表しています。人間の感性では感知できず、人間の理性では――理論上でも――理解不可能なのです。
――アンゼルム・キーファー

パウル・ツェラン(1920-1970)とアンゼルム・キーファー(1945-)。両親を強制収容所で亡くし、戦後も死者の声を担い続けた詩人と、ときにドイツの負の歴史を露にする作品で観る者を震撼させる、現代を代表する芸術家。立場も表現方法も相反するように見えるふたりの作品には、知られざる深いつながりがある。
2005年、キーファーは「パウル・ツェランのために」という連作を発表した。《黒い切片》《ヤコブの天の血が斧で祝福されて》《ヒマラヤ杉の歌》…ツェランの詩から引用されたタイトルをもつそれらは、ツェランに対する何よりも深い読解といえるものだった。
語りえぬものを詩に結晶させたツェランの問いを、キーファーはなぜ、どのように表現したのだろうか。ふたりの創作における関わりを軸に戦争の記憶を浮かび上がらせる、まったく新しい評論の誕生。図版多数。


目次


第一章 「死のフーガ」と灰の花――キーファーのなかのツェラン
第二章 「ボヘミアは海辺にある」――バッハマンをめぐるツェランとキーファー
  インテルメッツォ I 「夜の茎」と「花」
第三章 変転する水晶――シュティフターをめぐるツェランとキーファー
第四章 白鳥の叫びからヴァーグナーの響きへ――キーファーのなかのヴァーグナー
  インテルメッツォ II ツェランと音楽
第五章 ライン河とニーベルンゲン――反ユダヤ主義との戦い
  インテルメッツォ III 羊歯の秘密
第六章 《息の結晶》――ジゼル・ツェラン=レトランジュ
第七章 映画を観るツェラン――あるいはアウシュヴィッツの表象不可能性
第八章 不在の書物を求めて――オースター、ジャベスとツェラン
  インテルメッツォ IV フレーブニコフをめぐるキーファーとツェラン
第九章 飛行の夢、天使の墜落――ツェランとキーファーの飛行機
第十章 灰と鉛の想像力――錬金術としての詩作と芸術
エピローグ ツェランの「低水位」を読む


あとがき
図版一覧
初出一覧
人名索引


著訳者略歴

関口裕昭
せきぐち・ひろあき

1964年大阪府生まれ。慶應義塾大学文学部卒。同大学院博士課程文学研究科博士課程単位取得満期退学。京都大学博士(文学)。現在、明治大学教授。専門は近現代ドイツ抒情詩、ドイツ・ユダヤ文学、比較文学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

暮沢剛巳(美術批評家)
<熊本日日新聞「2015今年の収穫」 2015年12月20日(日)>

この本の関連書


「翼ある夜 ツェランとキーファー」の画像:

翼ある夜 ツェランとキーファー

「翼ある夜 ツェランとキーファー」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/392頁
定価 6,264円(本体5,800円)
ISBN 978-4-622-07841-8 C1098
2015年11月2日発行

この本を購入する