「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



最後の詩集

LAST POEMS

著者
長田弘

2015年5月に亡くなった詩人が自ら編んだ「最後の詩集」。 『長田弘全詩集』に収められた以降の近作15篇。詩人はつねに陽気であらねばならない、というのが一貫した姿勢だった。
「夏、秋、冬、そして春」「冬の金木犀」「朝の習慣」。これらの詩行に潜む箴言のような一節。 「思うに、歳をとるにつれ/人に必要となるものはふたつ、/歩くこと、そして詩だ。」
身軽に旅をした。2013年に旧友たちと巡ったシチリア島や、ひょいと出かけたフィレンツェ、アッシジなど、晩年に好んだイタリアでの偶景が、ふと気づくと省察になっている。
そして、「One day」という短い詩。「昔ずっと昔ずっとずっと昔/朝早く一人静かに起きて/本をひらく人がいた頃」と始まり「人生がよい一日でありますように」と終わる詩で、この『最後の詩集』は静かに閉じられる。
青い空のようにあくまで明るく、なおかつ深い、75年をまるで一日のように生きた詩人が残してくれた、本の贈り物。
2014年に発表された連作小文「日々を楽しむ」を大橋歩のイラストとともに併せ収める。


目次


「最後の詩集」
シシリアン・ブルー
カタコンベで考えたこと
円柱のある風景
夏、秋、冬、そして春
詩って何だと思う?
冬の金木犀
朝の習慣
アッティカの少女の墓
アレッツォへ
アッシジにて
フィレンツェの窓辺で
ハッシャバイ
ラメント
詩のカノン
One day

「日々を楽しむ」
ネムルこと
探すこと
ドアは開いている
習慣のつくり方
何もしない
お気に入りの人生


著訳者略歴

長田弘
おさだ・ひろし

詩人。1939年福島市に生まれる。1963年早稲田大学第一文学部卒業。1971-72年北米アイオワ大学国際創作プログラム客員詩人。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

井上卓弥(記者)
<毎日新聞 2015年7月1日(水)夕刊>
松山巌(評論家・作家)
<読売新聞 2015年7月5日(日)>
<信濃毎日新聞 2015年7月12日(日)>
倉田茂<詩誌「禾」 2016年1月>

関連リンク

この本の関連書


「最後の詩集」の画像:

最後の詩集

「最後の詩集」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/96頁
定価 1,944円(本体1,800円)
ISBN 978-4-622-07932-3 C0092
2015年7月1日発行

この本を購入する