「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



潮目の予兆

日記2013・4-2015・3

著者
原武史

〈毎週日曜日の午後11時からNHKで放映される韓国ドラマ「トンイ」を必ず見ている。その第11回が終わった瞬間、日付が変わり、4月1日となった。
今日から日記をつけることにした。竹内好は51歳のときから、『みすず』に日記を連載し始めた。私も50歳…〉

60年代という時代状況の中で書かれたその「日記」は、竹内好が自覚的に選び取ったスタイルであることに、著者は気づく。たとえ身辺雑記であれ、後の時代を生きる者にとっても、みずから近過去を理解するためにも、日記を書き、読むことは重要な方法ではないか。
本書は、2013年4月1日から2015年3月31日までの2年間、『みすず』誌に連載された「日記」を一書にしたものである。
国家の横暴が目に余る時代のなか、大学人としての仕事や、作家として執筆に追われながら、政治学者として世の動向を分析し、『昭和天皇実録』はじめ皇室の動きを観察し、鉄道旅行をつづけ、麺類を食す。日々変わりないようにみえる日常生活を記しながらも、そこからは、個人レベルであれ、社会や国家のことであれ、微妙な変化の兆しを読み取ることができるだろう。
著者の新たな試みをとおして、多方面にわたる著者の関心事をともに味わいながら、ともに生きる時間と場へも目を向けていただきたい。


目次


2013年 4月-12月
2014年 1月-12月
2015年 1月-3月
あとがき


著訳者略歴

原武史
はら・たけし

1962年、東京に生まれる。早稲田大学政治経済学部を卒業後、日本経済新聞社に入社、東京社会部記者として昭和天皇の最晩年を取材。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「潮目の予兆」の画像:

潮目の予兆

「潮目の予兆」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/336頁
定価 3,024円(本体2,800円)
ISBN 978-4-622-07933-0 C0095
2015年8月17日発行

この本を購入する