「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



フロイトとアンナ・O

最初の精神分析は失敗したのか

SIGMUND FREUD AND THE HISTORY OF ANNA O.

Reopening a Closed Case


「治療中断の一年後、ブロイアーはフロイトに、彼女はすっかり錯乱している、彼女は死んだほうがよいのではないか、そうすれば苦しみから解放されるのにとさえ思う、と打ち明けた」
ヨーゼフ・ブロイアーとジークムント・フロイトの『ヒステリー研究』(1895)において提示された「症例アンナ・O」。この症例は、のちにアーネスト・ジョーンズによって書かれたフロイトの伝記が発表されて以来、「『ヒステリー研究』の記述にあるような輝かしい成功ではなく、治療は失敗だった」と見なされるようになった。
ジョーンズによれば、アンナはブロイアーによる治療ののち、重篤なモルヒネ依存に苦しみ、毎日幻覚状態に陥っていたという。そしてこの事実は後年、治療後のアンナの足取りを追った医学史家アンリ・エランベルジェの研究によって追認されることとなるのである。
はたして、症例アンナ・Oの治療は本当に失敗だったのか? 本書は、『ヒステリー研究』の治療記録、アンナの入院先の医師による記録、関係者の書簡、追跡研究などの膨大な資料を掘りおこし、その治療結果の真実に迫るものである。精神分析学の始まりとなった症例の謎が、いま解き明かされる。


目次



緒論 アンナ・O症例の来歴
第1部 症例の展開
第1章 1882年の症例報告
第2章 その後の証言
第3章 症例研究の出版
第4章 フロイトの説明――再構成
第5章 防衛と性愛
第6章 転移とファウスト的命題
第2部 伝説の生成
第7章 伝説の誕生――アーネスト・ジョーンズ
第8章 伝説の発展――アンリ・エランベルジェ
第9章 伝説の成熟――諸説の派生
結論
原注
年譜
文献
索引


著訳者略歴

リチャード・A・スクーズ
Richard A. Skues

1953年生まれ。ロンドン・メトロポリタン大学社会学部講師。専門は精神分析史・フロイト論。共著にAfter Freud Left: A Century of Psychoanalysis in America (University of Chicago Press, 2012)。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
岡元彩子
おかもと・あやこ

臨床心理士。元成城墨岡クリニック分院。著訳書 『子どものこころの理解と援助』(共著、日本評論社)グレン『シュレーバーと狼男』ブランク『精神分析的心理療法を学ぶ』(共訳、金剛出版)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
馬場謙一
ばば・けんいち

精神科医。東京大学文学部独文科、慶應義塾大学医学部卒業。現在、南八街病院、上諏訪病院勤務。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「フロイトとアンナ・O」の画像:

フロイトとアンナ・O

「フロイトとアンナ・O」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/272頁
定価 5,940円(本体5,500円)
ISBN 978-4-622-07938-5 C3011
2015年10月9日発行

この本を購入する