「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



片手の郵便配達人

DER EINHÄNDIGE BRIEFTRÄGER


ナチス・ドイツのポーランド侵攻によって始まった第二次大戦。その終盤、間に合わせの訓練を受けただけでロシア戦線に送り込まれた17歳のヨハンは、左手を失って故郷の山あいの村へ戻り、郵便配達人として働いている。
ある時は戦地の夫や息子、兄弟と彼らの帰りを待ちわびる家族をつなぎ、ある時は〈黒い手紙〉によって彼らの死を知らせるヨハン。臨月のおなかをかかえて夫を待つ妻、意気揚々と出征していった十代の息子を案じる母、総統が最終勝利をもたらしてくれると熱狂的に信じる娘。戦争に、ヒトラーに批判的な者もいる。ヨハンとおなじく傷病兵として帰郷した若者、ポーランドやウクライナからの強制労働者。そして、ヒトラー・ユーゲントのリーダーからSS隊員になった孫の戦死を受け入れられず、訪れてくるヨハンを孫オットーだと思い込むようになる老女……
若いヨハンの誠実さ、温かさは人びとの心を開かせる。みながヨハンに不安、悲しみをあずけ、それをヨハンは受け止める。恋人イルメラとのつかの間の幸福、ドイツ降伏に続くささやかな平和。その後にヨハンを待っていたものは……
自分の生きてきた時代が犯した過ちを正面からみつめ、戦後生まれの世代、21世紀に生まれた若い世代に向けて書きつづけてきたパウゼヴァングの最新作。


目次


1 1944年8月
2 1944年9月
3 1944年9月
4 1944年10月
5 1944年10月
6 1944年11月
7 1944年11月
8 1944年12月
9 1944年12月
10 1945年1月
11 1945年1月
12 1945年2月
13 1945年2月
14 1945年3月
15 1945年3月
16 1945年3月
17 1945年4月
18 1945年4月
19 1945年5月
20 1945年5月
21 1945年5月
22 1945年5月

日本の皆さんへ

訳者あとがき


著訳者略歴

グードルン・パウゼヴァング
Gudrun Pausewang

1928年、当時はドイツ領のボヘミア東部ヴィヒシュタドル(現チェコのムラドコウ)に生まれる。女子ギムナジウム在学中の15歳のときに父親が戦死。17歳で、第二次大戦の終戦を迎える。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
高田ゆみ子
たかだ・ゆみこ

1956年、大阪府生まれ。東京外国語大学ドイツ語学科卒業。東京大学大学院比較文学比較文化修士課程修了。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

中村和恵(明治大学教授・比較文学)
<朝日新聞 2016年1月31日(日)>
石井正人(千葉大学教授)
<しんぶん赤旗 2016年2月14日(日)>
川島隆(京都大学准教授)
<日本経済新聞 2016年2月28日(日)>
<聖教新聞 2016年2月27日>
西村仁志(ジュンク堂書店新潟店)
<図書新聞 2016年3月2日(土)>
山根基世(アナウンサー)
<明日の友 2016年春号>
砂糖宗子(千葉大学教授・児童文学)
<図書新聞 2016年4月16日(土)>

関連リンク

この本の関連書


「片手の郵便配達人」の画像:

片手の郵便配達人

「片手の郵便配達人」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
定価 2,808円(本体2,600円)
ISBN 978-4-622-07963-7 C0097
2015年12月21日発行

この本を購入する