「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アラブ、祈りとしての文学【新装版】

著者
岡真理

もしもパレスチナの難民キャンプで傷付いた子どもの傍らにいたなら、私たちはその手をとるだろう。ベツレヘムの街で自爆に赴く青年が目の前にいたら、彼の行く手を遮るだろう。だが私たちはそこにいない。
小説を書き、読むという営みは理不尽な現実を直接変えることはない。小説は無能なのか。悲惨な世界を前に文学は何ができるのか。古くて新しい問いが浮上する。
ガザ、ハイファ、ベイルート、コンスタンティーヌ、フェズ……、様々な土地の苛烈な生を私たちに伝える現代のアラブ文学は多様な貌をもつ。しかし各作品に通奏低音のように響く、ひとつの祈念がある。
「「かつて、そこで」起きた、もはやとりかえしのつかない、痛みに満ちた出来事の記憶。もう帰ってはこない人々。[…]作家は、頭蓋骨に穿たれた二つの眼窩に湛えられた深い闇からこの世界を幻視し、彼岸と此岸のあわいで、起こらなかったけれども、もしかしたら起こりえたかもしれない未来を夢見続ける死者たちの息づかいに耳を澄ます。」
小説を読むことは、他者の生を自らの経験として生きることだ。見知らぬ土地、会ったこともない人々が、いつしか親しい存在へと変わる。小説を読むことで世界と私の関係性が変わるのだ。それは、世界のありようを変えるささやかな、しかし大切な一歩となる。世界に記憶されることのない小さき人々の尊厳を想い、文学は祈りになる。

[初版2008年12月19日刊]


目次


1 小説、この無能なものたち
2 数に抗して
3 イメージ、それでもなお
4 ナクバの記憶
5 異郷と幻影
6 ポストコロニアル・モンスター
7 背教の書物
8 大地に秘められたもの
9 コンスタンティーヌ、あるいは恋する虜
10 アッラーとチョコレート
11 越境の夢
12 記憶のアラベスク
13 祖国と裏切り
14 ネイションの彼岸
15 非国民の共同体
あとがき


著訳者略歴

岡真理
おか・まり

1960年生まれ。東京外国語大学大学院修士課程修了。現在、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専攻は現代アラブ文学、パレスチナ問題、第三世界フェミニズム思想。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「アラブ、祈りとしての文学【新装版】」の画像:

アラブ、祈りとしての文学【新装版】

「アラブ、祈りとしての文学【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
定価 3,240円(本体3,000円)
ISBN 978-4-622-07969-9 C0010
2015年11月25日発行

この本を購入する