「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



出会いを求めて【新版】

現代美術の始源

著者
李禹煥

〈通常の感覚で一本の木を、そのままでいろいろな未知性を含んだそれとして見ることは容易でない。木が木であるという、いわば超越性のために「木」にする行為が必要なのだ。そこらへんのあるがままを「アルガママ」にズラすことが表現行為、作品制作となり、それによってあるがままが反省的に知覚されるということである。従って作品とは、外界のものを意識で洗い直すことと、再び外界へ飛躍的に連動することの両義的な媒介項でなければならない。〉(本文より)

李禹煥の自己形成にとって大きな意味をもった60年代末から70年代初めにかけて発表された文章の数々は、硬直した理性と物象化を暴く近代批判の試みであると同時に、新たな表現論を模索するものとして、版を新たにしながら読み継がれてきた。
70年代とは何だったのか、もの派の発想はどういうものだったか、表現はどこから始まるのか――こうした問いに、いま確かなヒントを与えてくえる評論集、待望の復刊。

[本書は1971年1月、田畑書店より『出会いを求めて――新しい芸術のはじまりに』が出版され、2008年8月、美術出版社より『新版 出会いを求めて――現代美術の始原』として刊行された]


目次




観念崇拝と表現の危機――オブジェ思想の正体と行方
出会いを求めて
認識から知覚へ――高松次郎論
存在と無を越えて――関根伸夫論
デカルトと過程の宿命
出会いの現象学序説――新しい芸術論の準備のために

あとがき


著訳者略歴

李禹煥
リ・ウファン

美術家。1936年、韓国慶尚南道に生まれる。文人として知られた黄東樵から幼年期を通して詩・書・画を教わる。1956年、ソウル大学校美術大学を中退し、来日。1961年、日本大学文学部卒業。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

<2016年9月:「月刊美術」>

この本の関連書


「出会いを求めて【新版】」の画像:

出会いを求めて【新版】

「出会いを求めて【新版】」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/216頁
定価 4,320円(本体4,000円)
ISBN 978-4-622-07991-0 C1071
2016年5月20日発行

この本を購入する