みすず書房

明治日本の女たち

大人の本棚

JAPANESE GIRLS AND WOMEN

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 360頁
定価 2,640円 (本体:2,400円)
ISBN 978-4-622-08041-1
Cコード C1336
発行日 2003年9月18日
備考 現在品切
オンラインで購入
明治日本の女たち

女子留学生、山川捨松のホストファミリーとなった縁で津田梅子を知り、少女時代から日本への憧憬をはぐくんだアメリカ女性——著者は、1888年と99年に日本を訪れ、華族女学校や東京女子高等師範学校、のちには女子英学塾でも教鞭をとった。封建時代が去って、女性をとりまく環境も考え方も激しく変わりつつあった時代に、宮中の高貴なあたりから華族の上流夫人、都会の中流家庭の主婦、農婦、女学生まで近しくふれあった著者の、偏りのない視線がとらえた明治日本の女たち。

それから1世紀のあいだに、この国はなにを獲得し、なにを失ってきたのだろうか。しだいに失われゆく古き日本の面影を愛惜の念をこめて点描しながらも、エキゾチックなものめずらしさを書きつらねた旅行記に終わらない、日本論・日本女性論。