「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大人の本棚

青柳瑞穂 骨董のある風景<品切>


「青柳瑞穂は、見る人であったと思っている。観る人であり、鑑る人でもあり、ときに窃視する人であった」(編者あとがきより)

『マルドロオルの歌』やルソー、モーパッサンの名訳者として知られる著者は名著『ささやかな日本発掘』の古美術鑑賞家でもある。

手に入れたものの中には数少ない光琳の肖像画、乾山の色絵皿など古美術界を驚かせるようなものもあり、本書の主題でもある。

しかし、瑞穂の骨董エッセイの妙味はそんなところにあるのではない。自分の目で見てドキドキし、深夜に酒を飲みながら愛しく抱くときの肌触りのよさ。閑暇、無為、退屈を好んだ瑞穂のそんなエロティシズムがうれしい。


目次


わが骨董の歴史
あるコレクターの告白
鳴滝乾山の色絵皿
わが光琳と乾山
田舎の土蔵
鑑賞のふしぎさ
陶製オコゼの在り方
歎美抄
 水瓶/古代ガラスを想う/根来の美しさ/京を歩く
長崎を想う
虫の声、笛の音
経筒
葡萄ビイキ
うまいもの、美しいもの
水の匂い
国東半島の朽ちた仏像
日本のやきものの終着駅
京都の裏町を歩く
石の思い出
武蔵野の地平線
花を想う
 野の花/屏風の花/室内の花/高嶺の花
柳宗悦について
玉堂二題
 山雨染衣/橋のモノローグ
倉敷の町
やきものの中の散歩
 骨董病/陶と酒と油と/個と群/壺のある風景/たたみの上の茶碗/山小屋だより
骨董夜話
 浦上玉堂の花/木彫の牛/信楽の古壺/絵唐津肩付茶入/水滴のおじいさん

見る人・瑞穂 …青柳いづみこ


著訳者略歴

青柳瑞穂
あおやぎ・みずほ

1899年山梨県生まれ。詩人、フランス文学者、美術評論家。慶應義塾大学フランス文学科卒業。堀口大学に師事。詩集『睡眠』(1931年)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
青柳いづみこ
あおやぎ・いづみこ

ピアニスト、文筆家。フランス国立マルセイユ音楽院首席卒業。東京芸術大学大学院博士課程修了。大阪音楽大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「青柳瑞穂 骨董のある風景」の画像:

青柳瑞穂 骨董のある風景

「青柳瑞穂 骨董のある風景」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
定価 2,640円(本体2,400円)
ISBN 4-622-08048-6 C1395
2004年4月8日発行
<ただいま品切です>