みすず書房

旅は驢馬をつれて

大人の本棚

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 256頁
定価 2,640円 (本体:2,400円)
ISBN 978-4-622-08054-1
Cコード C1397
発行日 2004年12月 8日
備考 現在品切
オンラインで購入
旅は驢馬をつれて

美しく編まれた書物のなかで、言葉と人格に導かれながら旅をするくらい愉快なことがあるだろうか。若く、快活で繊細で物識りの、皮肉屋のスティヴンスンと、「一種のロールパンかソーセイジといった」様子に見えるスリーピング・バッグ、それに「鼠色の優しい眼と決断力の強そうな下顎をもった小柄の」「小ざっぱりとした、お上品な、普連土教徒風の優雅さ」のある牝驢馬モデスチン。私はそこに加わって、十二日間の旅をした。(江國香織「解説」より)

「宝島」などでしられるR・L・スティヴンスンは二十八歳の秋、ちいさな驢馬をつれて、南仏の山々を抜ける旅に出た。いささか厄介な同伴者に、悪路、悪天、たまさかに訪れる思いもかけない喜び。まるで人生そのもののようなこの旅行記を、こよなく愛した小沼丹の名訳が半世紀振りに甦った。スティヴンスンと同じ歩調で旅しているかのような翻訳に、恰好の案内人、江國香織が加わりさらに贅沢な旅に。

同時収録の短編「ギタア異聞」は宿を締め出された旅芸人夫婦の一夜を描いた、しみじみとした味わいのある佳品。小沼丹が1948年に手がけた幻の翻訳を発掘した。

目次

旅は驢馬をつれて
ヴレェ
驢馬と積荷と荷鞍/新米驢馬追い/突棒を得たり
上 ジェヴォダン
暗中露営/シェラールとリュク
雪の聖マリア
アポリナリス神父/修道僧/寄宿人
上 ジェヴォダン(続)
グレを越えて/松林の一夜
カミザールの国
ロゼールを越えて/ポン・ド・モンヴェール/タルン川の谷間にて/フロラク/ミマントの谷間にて/中部地方/最終日/さらば、モデスチン
訳註/解説

ギタア異聞
 第一章/第二章/第三章/第四章/第五章/第六章

解説 江國香織