みすず書房

愛についてのデッサン

大人の本棚

佐古啓介の旅

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 264頁
定価 2,860円 (本体:2,600円)
ISBN 978-4-622-08068-8
Cコード C1393
発行日 2006年6月19日
オンラインで購入
愛についてのデッサン

古本屋の若き主人、佐古啓介が、謎めいた恋や絡みあう人間模様、古本に秘められたそれぞれの「事情」を解き明かしていく。本に重なり合う若さの痛み、ひとりの青年が成熟へと至る道筋を鮮やかに描ききった、異色の青春小説。

野呂邦暢は、1980年5月、42歳で急逝。小説の名手の早すぎる死であった。

「ひとりの同業者、小説を書く人間としてではなく、現実に目も歯も衰えるまで長生きしてしまった三十年前のひとりの若者として、この作家の小説をいまも読み、また彼の死をどう惜しんでも惜しみきれないからである」(佐藤正午「解説」)

目次

燃える薔薇——佐古啓介の旅(1)
愛についてのデッサン——佐古啓介の旅(2)
若い沙漠——佐古啓介の旅(3)
ある風土記——佐古啓介の旅(4)
本盗人——佐古啓介の旅(5)
鶴——佐古啓介の旅(6)
あとがき
解説 佐藤正午