「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



大人の本棚

作家の本音を読む

名作はことばのパズル

著者
坂本公延

「詩や小説を読んでいてもおやっ、と合点がゆかないときがある。作者の側で、あからさまに書きたくはないが、それでも伝えたい本音があると、それが意識的にあるいは無意識に韜晦されるから、読者がぜひとも解きたい、ことばのパズルとなる」(あとがき)
原民喜や伊東静雄の詩から『ハムレット』『荒地』『ユリシーズ』さらに『モリス』や『蠅の王』へ。古今東西のテキストを肴に〈読む愉しみ〉を共有する饗宴。


目次



1 「郷愁」 三好達治
2 「思い出」或いは「池面に浮かぶは四羽の鳥」それとも「無題」 ウィリアム・アリンガム
3 「宇都曽身乃 人弥有吾哉 従明日者 二上山乎 弟世登吾将見」 大来皇女
  「早発白帝城」 李白
4 「春と秋」 G・M.ホプキンス
5 「ガリヴァの歌」 原民喜
6 「吟遊詩人の歌」 トマス・チャタトン
7 リンゴの歌 サトウハチロー、島崎藤村ほか
8 ブラック・ソネット ウィリアム・シェイクスピア
9 「曠野の歌」と「氷れる谷間」と「私は強ひられる――」 伊東静雄
10 「萬霊節」 ヘルマン・フォン・ギルム
11 『ハムレット』 ウィリアム・シェイクスピア
12 『荒地』 T・S・エリオット
13 『ユリシーズ』 ジェイムズ・ジョイス
14 『オーランドウ――一つの伝記』 ヴァージニア・ウルフ
15 『モリス』 E・M・フォースター
16 タイトルの謎
  I 奇抜な小説『波』 ヴァージニア・ウルフ
  II 『蠅の王』 ウィリアム・ゴールディング
  III 「コロヌスからの道」 E・M・フォースター
  IV 『心』或いは『こゝろ』、それとも『心(こころ)』――英語教師の視点から 夏目漱石
17 エピグラフの謎
  I 「フォーサイト老人の小春日和」 ジョン・ゴールズワージー
  II 『可視の闇』 ウィリアム・ゴールディング
  III 『白鯨』 ハーマン・メルヴィル
18 最終場面のパズル
  I 『尖塔』 ウィリアム・ゴールディング
  II 『変身』 フランツ・カフカ
あとがき


著訳者略歴

坂本公延
さかもと・ただのぶ

1931年神戸市に生まれる。大阪大学英文科卒業。同校大学院修士課程修了。文学博士。広島大名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「作家の本音を読む」の画像:

作家の本音を読む

「作家の本音を読む」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/240頁
定価 2,808円(本体2,600円)
ISBN 978-4-622-08075-6 C1395
2007年3月9日発行

この本を購入する