みすず書房

「一寸若い叔母さんという感じがありました」(戸川秋骨)
「寂しがっておられるところへ行き合わせたりすると、涙を出さんばかりに喜ばれた」(疋田達子)

1896(明治29)年、25歳で逝った樋口一葉(奈津)。素顔を知る家族や友人、交流のあった、または不意にその姿を目撃した同時代の文学者らが思い出を綴り、語るポルトレ(肖像)集。
ときに拗ね者、ときに寂しがり、ときに恋する女文士一葉、あるいはひとりの女性「なっちゃん」。明治の青春がいま鮮やかに甦る。
(本書に登場する人々)薄田泣菫、戸川秋骨、岡野知十、疋田達子、平田禿木、星野天知、馬場孤蝶、三宅花圃、半井桃水、島崎藤村、幸田露伴、田辺夏子、樋口くに。

目次

薄田泣菫
 「たけくらべ」の作者

戸川秋骨
 若い叔母さん

岡野知十
 一度見た事のある一葉女

疋田達子
 樋口一葉 生活苦を越えて一筋の道を生きたお夏さん

平田禿木
 緑雨・一葉・##x9DD7;外邸
 一葉の思い出

星野天知
 文学界と一葉女史

馬場孤蝶
 一葉全集の末に
 大音寺前
 「にごりえ」の作者

三宅花圃
 女文豪が活躍の面影(一葉女史が事ども)

半井桃水
 一葉女史の日記に就て

島崎藤村
 一葉女史に就いて

幸田露伴
 故樋口一葉女史
 
田辺夏子
 わが友樋口一葉のこと

樋口邦子
 姉のことども

一葉とは誰か  小池昌代
樋口一葉年譜

書評情報

池内紀
毎日新聞2012年8月5日(日)
東京新聞
2012年8月7日(火)
長谷川 宏 (哲学者)
婦人之友2013年3月号

関連リンク