「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ロラン・バルト著作集 5

批評をめぐる試み<品切>

1964

OEUVRES COMPLETES


バルト最初の論文集『エッセ・クリティック』の、33年ぶり、全面的な新訳。『零度のエクリチュール』を出した1953年から10年間に書かれた論文や序文のなかから、選りすぐった33編を年代順に収めている。オランダ絵画をめぐる「事物としての世界」にはじまり、ロブ=グリエ論「対物的文学」「ブレヒト的革命」「古代をどのように上演するか」ヴォルテール論「最後の幸福な作家」など、が前半に、記号学を道具として用いるようになってからのビュトール論「文学と不連続」や「三面記事の構造」「文学と意味作用」を後半に、過去と未来の遠近法でかたちをあたえられた本書は、いまなお刺激的な批評集でありつづけるとともに、「含羞の人」バルトのエクリチュールを知るために不可欠の作品である。



著訳者略歴

ロラン・バルト
Roland Barthes

1915年生まれ。フランスの批評家・思想家。1953年に『零度のエクリチュール』を出版して以来、現代思想にかぎりない影響を与えつづけた。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
吉村和明
よしむら・かずあき

1954年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。19世紀フランス文学・表象文化専攻。現在、上智大学文学部教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
石川美子
いしかわ・よしこ

1980年、京都大学文学部卒業。東京大学人文科学研究科博士課程を経て、1992年、パリ第VII大学で博士号取得。フランス文学専攻。現在、明治学院大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「批評をめぐる試み」の画像:

批評をめぐる試み

「批評をめぐる試み」の書籍情報:

A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/448頁
定価 5,940円(本体5,500円)
ISBN 4-622-08115-6 C1310
2005年12月16日発行
<ただいま品切です>