「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ロラン・バルト著作集 9

ロマネスクの誘惑

1975-1977

OEUVRES COMPLETES


1970年代に入るとバルトは、「ロマネスク‐小説的なもの」の作家という新たな顔を見せるようになる。批評家としてではなく作家としてエクリチュールを考え、書く身体や快楽について語り、音楽や絵画をめぐる芸術論をすすんで発表するようになる。その傾向は70年代後半にさらに強まり、75-77年には「ロマネスク」と芸術論とがバルトの中心的な課題として鮮明な姿をみせてゆく。この時期に、もっとも長大な絵画論「ソール・スタインバーグ」が書かれ、「オペラ」をセミナーのテーマにする試みもなされたのだった。本巻に収められるのは、『彼自身によるロラン・バルト』から『恋愛のディスクール・断章』にいたるこの時期のテクストやインタビューである。自著の書評「バルトの三乗」、漫画版『O嬢の物語』への序文、「〈フィクション〉でない言説は存在しない」「サド‐パゾリーニ」、アヴェドンの写真集についてのエッセイ「かくのごとく」、そして「テンポの問題」など初訳の41篇は「小説」をみはるかす晩年のバルトを照らす出すだろう。



著訳者略歴

ロラン・バルト
Roland Barthes

1915年生まれ。フランスの批評家・思想家。1953年に『零度のエクリチュール』を出版して以来、現代思想にかぎりない影響を与えつづけた。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中地義和
なかじ・よしかず

1952年生まれ。1976年、東京大学教養学科卒業。1985年、パリ第III大学で博士号取得。1986年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
石川美子
いしかわ・よしこ

1980年、京都大学文学部卒業。東京大学人文科学研究科博士課程を経て、1992年、パリ第VII大学で博士号取得。フランス文学専攻。現在、明治学院大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ロマネスクの誘惑」の画像:

ロマネスクの誘惑

「ロマネスクの誘惑」の書籍情報:

A5変型判 タテ200mm×ヨコ148mm/328頁
定価 5,616円(本体5,200円)
ISBN 4-622-08119-9 C1310
2006年12月18日発行

この本を購入する

<在庫僅少です>