「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



理想の教室

ラブレーで元気になる<品切>


フランス・ルネサンス文学を代表する作家の過激な笑いや発想を、漫談調で紹介。突き抜けたスケールの途轍もない世界へと誘います。暴飲・暴食・勉強漬けの果てに見えてくるものは何か? テクストは『ガルガンチュア』、笑いに託された豊饒な世界。500年前の巨匠は、やはり、とんでもなく凄い! オギノ式・傑作超訳、大爆発。ラブレー・ワールドの衣替え。


目次


第1回 よっぱらい
前置き、あるいは『ガルガンチュア』早わかり/へべれけトーク/ラブレーの時代/ラブレーの場合

第2回 うんこ
ガルガン誕生/お子ちゃま/ふきふきトーク/ウンチング・ワールド

第3回 あそび
コンラン先生、大コンラン/小原ガルガン庄助/あそBE/アホバカ

使用テクスト――ラブレー『ガルガンチュア』


著訳者略歴

荻野アンナ
おぎの・あんな

1956年横浜市生まれ。作家。慶應義塾大学文学部教授。1991年『背負い水』で芥川賞、2002年『ホラ吹きアンリの冒険』で讀賣文学賞を受賞(以上、文藝春秋)。著書に『ラブレー出帆』『けなげ』(以上、岩波書店)ほか。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ラブレーで元気になる」の画像:

ラブレーで元気になる

「ラブレーで元気になる」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/176頁
定価 1,430円(本体1,300円)
ISBN 4-622-08314-0 C1397
2005年12月9日発行
<ただいま品切です>