「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



理想の教室

ホフマンと乱歩 人形と光学器械のエロス

著者
平野嘉彦

ホフマンの『砂男』と乱歩の『押絵と旅する男』はともに、出来事が主人公の妄想なのか現実なのか判然としない、読者を不安に陥れる物語です。人形と望遠鏡――この共通項に、どんな物語の罠が仕掛けられているのでしょうか。フロイトの精神分析も引きながら、狂気とエロスの妖しい関係を探る奇想天外な小説指南の登場です。



著訳者略歴

平野嘉彦
ひらの・よしひこ

1944年生まれ。京都大学大学院修士課程修了。現在東京大学大学院教授。ドイツ文学専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ホフマンと乱歩 人形と光学器械のエロス」の画像:

ホフマンと乱歩 人形と光学器械のエロス

「ホフマンと乱歩 人形と光学器械のエロス」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/136頁
定価 1,650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-622-08325-2 C1395
2007年2月23日発行

この本を購入する