「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



時代精神の病理学【新装版】

心理療法の26章

PSYCHOTHERAPIE FUR DEN ALLTAG


「集団的神経症の四症状つまり仮の生き方と宿命論的生活態度、集団的思考と狂信も結局は責任に対するおじけと自由からの逃走に帰着します。けれども自由と責任は人間の精神性つまりその本質をなすものです。しかし今日の人間は精神的に疲れており、そしてこの精神の倦怠こそは現代のニヒリズムの本質なのです。」(本文より)

第二次世界大戦後まもなく『夜と霧』において、ナチスの強制収容所体験を記した精神科医フランクル。本書は彼が1951年から55年まで、ウィーンのラジオで行った連続講演を収録する。大戦前後の社会状況を冷静に見つめ、心理療法はどのように回答を与えうるか、わかりやすく語る。「集団と指導者」「不眠について」「愛について」「自分自身に対する不安」「安楽死か集団虐殺か」「医師と悩み」ほか、全26篇。

[初版1961年5月、『フランクル著作集』第3巻として刊行]


目次


まえおき

精神医学の啓蒙という問題
精神分析と個人心理学
宿命論的態度
仮の生き方
集団と指導者
老化の精神衛生
中年の精神衛生
催眠術
不安と不安神経症について
不眠について
ヒポコンドリーとヒステリー
愛について
不安神経症と強迫神経症について
麻酔分析と精神外科
メランコリー
精神分裂病
自分自身に対する不安
マネジャー病
安楽死か集団虐殺か?
精神の反抗力について
臨床から見た心身問題
心霊術
精神科医は現代美術をどう考えるか?
医師と悩み
医師の精神指導と司祭の精神指導
人間は遺伝と環境の産物か?

訳者あとがき


著訳者略歴

ヴィクトール・E・フランクル
Viktor Emil Frankl

1905年、ウィーンに生れる。ウィーン大学卒業。在学中よりアドラー、フロイトに師事し、精神医学を学ぶ。第二次世界大戦中、ナチスにより強制収容所に送られた体験を、戦後まもなく『夜と霧』に記す。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
宮本忠雄
みやもと・ただお

1930年埼玉県に生れる。1954年東京医科歯科大学医学部卒業。精神医学専攻。1973年から自治医科大学教授。1999年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「時代精神の病理学【新装版】」の画像:

時代精神の病理学【新装版】

「時代精神の病理学【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
定価 3,672円(本体3,400円)
ISBN 978-4-622-08537-9 C1010
2016年8月10日発行

この本を購入する