「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



識られざる神【新装版】

DER UNBEWUSSTE GOTT / LOGOS UND EXISTENZ


「無意識の精神性の発見によってエス(無意識)の背後に自我(精神)が見出されたのであるが、今や無意識の宗教性の発見によって内在的自我のさらに背後に超越的汝が見出されたわけである。つまり自我が「無意識でもあるもの」であることがわかり、無意識が「精神的でもあるもの」であることがわかった上に、さらにこの精神的無意識が「超越的でもあるもの」として開示されたわけである。」(本文より)〉

精神医学と宗教は、どのような関係を持ちうるのであろうか。無意識が内在する宗教性を、人間の実存を解明する鍵として考察し、精神療法への応用を志向する。講演集「ロゴスと実存」を併収。

[初版1962年3月、『フランクル著作集』第7巻として刊行]


目次


一 実存分析の本質
二 精神的無意識
三 良心の実存分析
四 実存分析的な夢解釈
五 良心の超越
六 無意識の宗教生
七 精神療法と宗教

ロゴスと実存――三つの講演
序文
一 実存分析と現代の諸問題
二 人格についての十題
三 精神療法について

訳者あとがき


著訳者略歴

ヴィクトール・E・フランクル
Viktor Emil Frankl

1905年、ウィーンに生れる。ウィーン大学卒業。在学中よりアドラー、フロイトに師事し、精神医学を学ぶ。第二次世界大戦中、ナチスにより強制収容所に送られた体験を、戦後まもなく『夜と霧』に記す。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
佐野利勝
さの・としかつ

1918年大阪府に生まれる。1941年京都帝国大学経済学部卒業。1946年京都大学文学部卒業。京都大学・滋賀医科大学名誉教授。2006年死去。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
木村敏
きむら・びん

1931年生まれ。1955年京都大学医学部卒業。京都大学名誉教授。河合文化教育研究所主任研究員。精神病理学専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「識られざる神【新装版】」の画像:

識られざる神【新装版】

「識られざる神【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
定価 3,740円(本体3,400円)
ISBN 978-4-622-08538-6 C1010
2016年8月10日発行

この本を購入する