「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



転移の心理学【新装版】

DIE PSYCHOLOGIE DER UBERTRAGUNG


メルクリウスの泉/王と女王/裸の真実/浴槽の水に漬かること/結合/死/魂の上昇/浄化/魂の帰還/新たな誕生…。
このように目次を見てくると、一見タイトルとはかけ離れているように思われるかもしれない。ユングは本書で、16世紀の錬金術の書『哲学者の薔薇園』の挿し絵を材料にして転移現象を論ずるのである。
変容の場である「メルクリウスの泉」から始まり、新しい全体性の成就である「新たな誕生」に至る10枚の絵。これは対立物が結合する錬金術過程を示しており、転移が進行していく過程でもある。「錬金術師の経験は、ある意味では、私の経験であり、彼らの世界は私の世界であった」というユングは、転移の理解に、錬金術の考え方を縦横に援用するのである。
しかしこうしてみると、ユングは転移という名で、実は個性化過程を語っていることがわかる。ただし一人の人間が自分だけで進める個性化ではなく、二人の人間の間で進行する個性化過程なのである。ユングの心理療法を知るうえで、もっとも重要な書。

[初版1994年9月]


目次


序文
総論

『哲学者の薔薇園』の一連の挿し絵を材料にして転移現象を論じる試み
第一章 メルクリウスの泉
第二章 王と女王
第三章 裸の真実
第四章 浴槽の水に漬かること
第五章 結合
第六章 死
第七章 魂の上昇
第八章 浄化
第九章 魂の帰還
第十章 新たな誕生
結語

原注
訳注
解説
訳者あとがき
索引


著訳者略歴

カール・グスタフ・ユング
Carl Gustav Jung

1875-1961。スイスのケスヴィルに牧師の子として生れる。バーゼル大学医学部卒業後、チューリッヒ大学の神経科でブロイラーの指導を受ける。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
林道義
はやし・みちよし

1937年長野県に生れる。1962年東京大学法学部卒業。1968年同大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士。元東京女子大学教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
磯上恵子
いそがみ・けいこ

1957年茨城県に生れる。1981年東京女子大学文理学部哲学科卒業。1983年都立大学人文学部独文学科卒業。翻訳 M-L・フォン・フランツ『永遠の少年』(共訳、紀伊國屋書店、1982)。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「転移の心理学【新装版】」の画像:

転移の心理学【新装版】

「転移の心理学【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/320頁
定価 4,070円(本体3,700円)
ISBN 978-4-622-08549-2 C1011
2016年8月25日発行

この本を購入する