「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



映画の声

戦後日本映画と私たち


「もし死刑という制度に例外事態が起こってしまったとするならば、すなわち、死刑の執行が失敗し、その後も被告人が生き延びてしまったとしたら、一体何が起きるのか? こうした一見、抽象的な思考実験とも思える問いを通して、大島は「国家」という制度の核心へと近づいてゆく」。

『日本の夜と霧』『絞死刑』『儀式』『二十四の瞳』『ひめゆりの塔』『浮雲』『森と湖のまつり』『仁義なき戦い』『セーラー服と機関銃』――大島渚や木下恵介からメロドラマ、実録やくざ映画、角川映画まで、日本映画は戦後民主主義と大衆消費社会の結節点にありながら、国家と共同体の外へ追われた“他者の生”を描いてきた。
国民の物語と娯楽性の狭間にあって映画は、安保を、在日を、天皇を、戦争を、沖縄を、アイヌを、ふるさとを、恋愛を、少女を、いかに表象してきたのか。映像に固有の論理と緻密な分析によって、仮借なき暴力に彩られたそのさまざまな〈声〉を聴き取る、硬派で繊細な映画批評の誕生。


目次


第1部 大島渚とその時代
時代を証言する  『日本の夜と霧』
法の宙吊り  『絞死刑』における国家と発話主体
呼びかける死者たちの声  『儀式』における国家と戦後民主主義のイメージ
オオシマナギサを追悼する  つねにいつもそこにいる運命的な「他者」に向って

第2部 メロドラマの政治学
幼年期の呼び声  木下惠介『二十四の瞳』における音楽・母性・ナショナリズム
従軍する女性たち  『ひめゆりの塔』にみる戦争とジェンダー/植民地表象の政治学
コロニアル・メロドラマ試論  成瀬巳喜男『浮雲』にみる「植民地主義(コロニアル)メロドラマ」の可能性
メロドラマ的回帰  『秋津温泉』にみるメロドラマ形式の可能性

第3部 ジャンル映画のディスクール
馬鹿は死ななきゃ治らない  『次郎長三国志』における富士山の表象とその遊戯性
“ビヤッキー”と呼ばれた男  内田吐夢『森と湖のまつり』における高倉健のイメージ
召喚される暴力/記憶  『仁義なき戦い』における菅原文太と分有されるイメージ
少女・謎・マシンガン  〈角川映画〉の再評価

編者あとがき


著訳者略歴

御園生涼子
みそのう・りょうこ

1975年東京生まれ。東京大学文学部英文科卒。パリ第8大学造型文化学科DEA課程修了。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻(表象文化論コース)博士課程修了(博士)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

三浦哲哉(映画批評)
<2016年12月上旬号:キネマ旬報>
上野昴志(映画評論家)
<2016年12月21日:社会新報>
齋藤愼爾(文芸評論家)
<2016年12月下旬:出版ニュース「ブックハンティング」>
久保豊(映画研究)
<2017年2月4日号:図書新聞>
巽孝之(アメリカ文学)
<2016年12月:「図書新聞」2016年下半期読書アンケート>
長谷正人(映像文化論・文化社会学)
<:「図書新聞」2016年下半期読書アンケート>

この本の関連書


「映画の声」の画像:

映画の声

「映画の声」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/312頁
定価 4,104円(本体3,800円)
ISBN 978-4-622-08551-5 C1074
2016年10月20日発行

この本を購入する