みすず書房

ジャコメッティ エクリ【新装版】

ALBERTO GIACOMETTI. ECRITS.

判型 A5判 タテ210mm×ヨコ148mm
頁数 464頁
定価 7,040円 (本体:6,400円)
ISBN 978-4-622-08622-2
Cコード C0070
発行日 2017年5月25日
オンラインで購入
ジャコメッティ エクリ【新装版】

形をなしている文章においても、走り書きのメモにおいても、アルベルト・ジャコメッティは、その造型作品において様式を目ざしたりしてはいないのと同様に、文体というものを目ざしたりしてはいない。彼がしようとしているのはただ、何かをとらえること、言うべきことをつかむことだけだ。今、死の暗いサロンの高い暖炉の上に身を置いて、頭も体もないジャコメッティは、ここに集められた文章と対話を通して語っている。渦をまいて燃える火であることをやめない彼の言葉を。
——ミシェル・レリス

この本を開いて現れる頁のどの片隅においても、アルベルト・ジャコメッティの作品と生をつかさどっていった三つの主な欲動の競合と連動とが疑う余地なく見えてくる。この彫刻家のエネルギーと輝きが、それらの欲動を突き動かし、引っぱり、方向を与え、明確な形を与える。三つの、そのひとつひとつが全きものである源。幼年期、女性、そして死。決してひとつに結ばれたことはなく、決して本当にはばらばらにほどかれたこともない……。書かれた文の一つ一つに、空虚の存在が緊張を、息を、絶えず疑いを忘れぬ力を、そして無限に開かれてゆくその動きを与えている。
——ジャック・デュパン

[初版1994年7月7日発行]

目次

読者に
語るジャコメッティ、書くジャコメッティ  ミシェル・レリス
終わりなきエクリチュール  ジャック・デュパン
ジャコメッティ年譜

 既刊の文章
物いわぬ動くオブジェ
七つの空間の詩
褐色のカーテン
灰となった草
昨日、動く砂は
実験的研究
アンケートへの回答
一九三四年の対話
私は私の彫刻については間接にしか語れない
アンリ・ローランス
ジャック・カロについて
夢・スフィンクス楼・Tの死
ピエール・マティスへの手紙(一)
作品の補足リスト
ピエール・マティスへの手紙(二)
盲人が夜の中に手をさしのべる……
物いわぬ動くオブジェ(新版)
灰色、褐色、黒……
一九二〇年五月
ドラン
私の現実
自転車と彫刻
ディドロとファルコネは考えが同じだった
私の芸術の意図
『脚』について
今日絵についてどのように語ればよいのか?
ジョルジュ・ブラック
終わりなきパリ
模写についてのノート
イエドリカ教授の訃に接し
そんなものはみな大したことでない

 手帖と紙葉
子供時代の思い出/「芸術」のための…/魂と肉体は…/ぼくは今カフェに…/ぼくは同じ道を…/全身像と二つの…/彫像の作り方彫刻/「すべての事物の…/純粋芸術/明日 一九二五年…/ぼくは散歩して…/「いかなる統御も…/光の中の金の…/水がきしる/帰ってきたら…/ぼくには哲学は…/あらゆるものの…/ぼくは、オブジェ…/問題/女が息子を…/決してフォルムの…/男と女/私達は、裸/生まれたのだ/オブジェか/批評、否/おれはすべての/リュリュ、リュリュ!/まだ九時だ/アルゴ船の乗組員/ぼくはもうこわく…/やさしい/すべてが夢の…/鐘が鳴る/批評、否/おぞましい/曖昧さが…/髪、剃った/三次元にわたる…/ブルトンは詩に/またAEARについて/無理だ、できない/もっと先まで…/ふう、ふう/いささかも調整…/女に対しての…/ウ、ア/フォルムの精神/ぼくは自分の…/すべてを歪曲する…/過去に作られた…/書くべきことは…/外の世界と…/あ、いたた!/実物を写して…/だが終わりという…/書く、何頁も…/ここで括弧に…/一覧表。何の…/奇妙な生/ぼくは絵や…/骨と化して…/空間を現実に…/ぼく、君/風景! 風景/ユーラシア/[G]多面体の…/テリアードのための…/ひと月のうちに…/これらのちょっと…/瞬間/ローマに旅行…/ぼくにはもう…/言う? 何を?/この部屋で…/まったく常軌を…/来週の初めに…/ディエゴがそのうち…/起きたら…/もし仕事をしたいなら…/ぼくは自分が…/このコワールの…/明日の朝は…/ぼくの手は…/そのことが起きて…/ぼくは状況を…/ぼくは今晩チューリヒを…/A. I. OU

 対話
ジョルジュ・シャルボニエとの対話
ゴットハルト・イエドリカ博士との対話
矢内原伊作との対話
ピエール・シュネーデルとの対話
アンドレ・パリノとの対話
ピエール・デュマイエとの対話
ダヴィッド・シルヴェステルとの対話

原題・初出一覧
あとがき

『ジャコメッティ 私の現実』(本書の前身)は、世界ではじめてジャコメッティの文章のみを集めて編まれたもの


矢内原伊作と宇佐見英治が中心となって1976年に出版された『ジャコメッティ 私の現実』(みすず書房)は、「世界ではじめてジャコメッティの文章のみを蒐めて一巻を纂したもの」(『ジャコメッティ エクリ』あとがき、宇佐見英治筆)、すなわち本書の前身というべき本です。
「しかし同著と『エクリ』との決定的な差異は、ジャコメッティを誰よりもよく識っている二人の友人の序文が巻頭を飾っていること、またそれとともに百五十頁を超える未発表稿「手帖と紙葉」が収録されていることである」(同)