「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



アメリカを探る

自然と作為

著者
斎藤眞
監修
古矢旬
監修
久保文明

アメリカ研究の第一人者がみずから編みながら遺された論集を、ここにおくる。
プリマス植民地をはじめ、アメリカ建国前後の政治と宗教(制度としての政教分離と国民の心情としての政教融合)の実態からアメリカの根っこを描き、その水脈がその後の外交・戦争・大統領・議会などにどう現れてくるかが明らかになっている。
転換期を迎えたアメリカを知るために、なにより建国以来現在までを貫くアメリカを理解するために、さらにアメリカの「反知性主義」の一端を学ぶために、高い学術レベルを保ちながら全体を見据えて研究してきた著者の12章の遺稿は、この国の今後のアメリカ研究にとって不可欠なものであろう。
また、巻末の2編「草創期アメリカ研究の目的意識――新渡戸稲造と「米国研究」」および「日本におけるアメリカ研究――その歴史と今後の課題」は、学問・文化レベルでの日米関係史を描いた、きわめて貴重な資料でもある。


目次


はじめに(古矢旬)
第1章 契約による社会形成──ウィリアム・ブラッドフォード『プリマス植民地について』
第2章 アメリカ革命と宗教──文化的多元性・政教分離・統合
第3章 制度的政教分離と心情的政教融合──一八世紀後半アメリカ社会における政教関係
第4章 政治構造と政教分離──イギリス〈複合〉帝国とアメリカ諸植民地
第5章 建国期アメリカの防衛思想
第6章 アメリカ外交の原型──建国期アメリカの対外意識
第7章 第一次大戦とアメリカ社会──素描
第8章 アメリカ大統領職の変質
第9章 ポストモダンの大統領の登場?──アメリカ大統領職の変容
第10章 『アメリカの対外政策決定と議会』
第11章 草創期アメリカ研究の目的意識──新渡戸稲造と「米国研究」
第12章 日本におけるアメリカ研究──その歴史と今後の課題
あとがき(久保文明)


著訳者略歴

斎藤眞
さいとう・まこと

1921-2008。東京生れ。1942年、東京大学法学部政治学科卒業。助手採用の後、直ちに休職し、海軍主計見習尉官。46年、助手に復職し、59年、ヘボン講座を担任し、同時に法学部教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
古矢旬
ふるや・じゅん

1947年東京生れ。東京大学法学政治学研究科修了。1975年、北海道大学法学部助教授に就任する。その後、北海道大学法学部教授、東京大学大学院総合文化研究科教授を経て、現在 北海商科大学教授。北海道大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
久保文明
くぼ・ふみあき

1956年東京生れ。1979年東京大学法学部を卒業し、同法学部助手、筑波大学助教授、慶應義塾大学教授を経て、2003年より東京大学法学政治学研究科教授。法学博士。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「アメリカを探る」の画像:

アメリカを探る

「アメリカを探る」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/304頁
定価 5,940円(本体5,500円)
ISBN 978-4-622-08644-4 C1031
2017年10月20日発行

この本を購入する