みすず書房

ジェネリック 電子書籍あり

それは新薬と同じなのか

GENERIC

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 488頁
定価 5,060円 (本体:4,600円)
ISBN 978-4-622-08651-2
Cコード C0036
発行日 2017年12月15日
電子書籍配信開始日 2018年3月 2日
オンラインで購入
電子書籍を購入 *価格は各電子書店でご確認ください
ジェネリック

ジェネリック薬は先発薬とどのように「同じ」なのか。ジェネリックの歴史を明らかにした初めての本。

ジェネリック薬とは、先発薬と有効成分の化学構造が同じ医薬品のこと。先発薬の特許満了後に発売される。開発にかかる費用が少ないため、低価格で販売できるのが強みだ。
ジェネリック薬は先発薬と同じ効き目があるとされるが、この「同じ」をめぐっては激しい論争があった。有効成分は同じだが、形や添加剤などが違っており、先発薬と「まったく同じ」ではない。それはどの程度重視すべきものなのか。同等性の根拠をどこにおけばよいのか。
半世紀前はいかがわしい薬とみなされていたジェネリック薬が現在の地位を得るまでには、臨床、消費、政治、法律をめぐって様々な攻防があった。ジェネリックはきわめて社会的な薬といえる。
〈ジェネリックは問題の種なのか、それとも解決策なのか——明らかにその両方だ〉。ジェネリックの誕生から社会に定着するまでの全体像を描いた本書は、ジェネリックの歴史をはじめて明らかにした書物として、高く評価されている。

目次

謝辞
序 同じであって同じでない

I 名前には何が込められているのか?
第一章 治療の世界に秩序をもたらす
第二章 ブランド批判としてのジェネリック

II ジェネリックなんてものはない?
第三章 匿名薬
第四章 控えめな業界の起源
第五章 ジェネリックの特異性

III 同等性の科学
第六章 同等性コンテスト
第七章 差異の意義

IV 代替調剤に関する法律
第八章 代替の悪徳と美徳
第九章 普遍的な代替

V ジェネリック消費のパラドックス
第十章 囚われの身の消費者を解放する
第十一章 診療所、薬局、スーパーマーケットでのジェネリック消費

VI ジェネリック医薬品
第十二章 模倣薬の科学と政治
第十三章 推奨薬、公的に、あるいは民間で
第十四章 地球規模のジェネリック

結論 類似性の危機

訳者あとがき
略語
原注
索引

書評情報

宮下志朗(放送大学特任教授・仏文学者)
読売新聞2018年2月4日(日)