「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



憎しみに抗って

不純なものへの賛歌

GEGEN DEN HASS




人種主義、ファナティズム、民主主義への敵意――ますます分極化する社会で、集団的な憎しみが高まっている。なぜ憎しみを公然と言うことが、普通のことになったのだろう。
多くの難民を受け入れてきたドイツでも、それは例外ではない。2016年には、難民の乗ったバスを群集が取り囲んで罵声を浴びせ、立ち往生させる事件が起こった。それまでのドイツではありえなかったこの事件は、社会に潜む亀裂をあらわにした。
自分たちの「基準」にあてはまらない、立場の弱い者への嫌悪、そうした者たちを攻撃してもかまわないという了解。この憎しみの奔流に飲み込まれないためには、どうしたらいいだろう。
憎しみは、何もないところからは生まれない。いま大切なのは、憎しみの歴史に新たなページを加えることではなく、基準から外れたとしても幸せに生きていく可能性をつくることではないだろうか。
著者カロリン・エムケはドイツのジャーナリスト。自分とは「違う」存在を作りだして攻撃するという、世界的に蔓延する感情にまっすぐに向き合った本書は、危機に揺れるドイツでベストセラーになった。いまの世界を読むための必読書。


目次


はじめに

1 可視‐不可視

希望
懸念
憎しみと蔑視
  1 特定の集団に対する非人間的行為(クラウスニッツ)
憎しみと蔑視
  2 組織的人種差別(スタテンアイランド)

2 均一‐自然‐純粋
均一
根源的/自然
純粋

3 不純なものへの賛歌

原註
訳者あとがき


著訳者略歴

カロリン・エムケ
Carolin Emcke

ジャーナリスト。1967年生まれ。ロンドン、フランクフルト、ハーヴァードの各大学にて哲学、政治、歴史を専攻。哲学博士。『シュピーゲル』『ツァイト』の記者として、世界各地の紛争地を取材。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
浅井晶子
あさい・しょうこ

翻訳家。1973年生まれ。京都大学大学院博士課程単位認定退学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

書評情報

齋藤純一(早稲田大学教授・政治学)
<朝日新聞 2018年4月21日(土)>
藤原辰史(農業史研究者・京都大学准教授)
<読売新聞 2018年4月29日(日)>
諏訪敦(選+文)(画家)
<『芸術新潮』2018年5月号 >
岩崎稔(総合国際学研究院教授・哲学)
<『ピエリア』2018年春号(東京外国語大学出版会&付属図書館) >
<『ダ・ヴィンチ』2018年6月号 >
孫崎亮(元外交官)
<『エコノミスト』2018年5月29日号「読書日記」 >
城下康明(ひとやすみ書店(長崎))
<西日本新聞 「カリスマ書店員の激オシ本」 2018年5月12日(土)>
松永美穂(ドイツ文学者)
<日本経済新聞 2018年6月2日(土)>
仲俣暁夫<『婦人公論』2018年6月26日号 >
中沢孝夫(兵庫県立大学大学院客員教授)
<『週刊東洋経済』 2018年6月16日号>

関連リンク

この本の関連書


「憎しみに抗って」の画像:

憎しみに抗って

「憎しみに抗って」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/216頁
定価 3,888円(本体3,600円)
ISBN 978-4-622-08670-3 C0036
2018年3月15日発行

この本を購入する