「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ハリウッド映画と聖書

BIBLE AND CINEMA

An Introduction


ピューリタンが建国した合衆国で、市民は映画を観るたびに聖書に出会う。そしてハリウッド映画は世界中に配給され、外国映画にも土台を提供している。
映画のかたちをとった聖書物語もあれば、映画の中の聖書モチーフもある。戦争・公民権運動・テロ攻撃・環境問題……映画は聖書を使いながら、様々な時と場所の中に時代の関心や恐れ、希望を投影してきた。
たとえば『十戒』『ベン・ハー』など旧約聖書叙事詩映画は、東西冷戦期のアメリカを古代イスラエルに結びつけ、圧政からの解放者、自由の覇者という国家観を暗示した。また、自らを救わずとも他者を救い、周りの人々を変えていくキリスト的人物像は、西部劇やラブ・コメディ、スーパーヒーロー映画などに欠かせない。
近年の驚くべきテクノロジーは、自然災害・天体の衝突・核戦争・伝染病などによる「世界の終わり」の映像をつくりだした。SF映画『ブレードランナー』『アバター』『トゥモロー・ワールド』などで描かれる終末世界の源泉には聖書的表象がある。
そして私たちは映画によって超越を体験する。たとえ一瞬だとしても、自分の世界を超えた世界の可能性を垣間見るのだ。
聖書学者が聖書学と映画学を体系的に統合し、アメリカ文化の底流にあるものを読み解いた、類例のない書をおくる。


目次


一章 前口上 聖書映画というジャンル──「幻をもとめて」

第 I 部 映画のかたちをとった聖書
二章 旧約叙事詩映画──「記されたとおり」
三章 銀幕のイエス──「私は主を見ました」
四章 古代活劇映画とキリスト教──「すべての民をわたしの弟子にしなさい」
五章 叙事詩映画と寓喩──「イエスならどうなさるか?」

第 II 部 映画の中の聖書
六章 現代的な見かけの旧約聖書──「子や孫にも語り伝えなさい」
七章 キリスト的人物像の映画──「人の子のような方」
八章 映画と道徳──「公義、ただ公義をのみ追求しなさい」
九章 破壊と救済──「その時には」

結び 映画と超越──「わたしの心は喜び、魂は躍ります」


訳者あとがき
文献一覧
映画作品名索引


著訳者略歴

アデル・ラインハルツ
Adele Reinhartz

聖書学者。トロント大学にて学士号(宗教学)、マクマスター大学にて修士号ならびにPh. D. 取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
栗原詩子
くりはら・うたこ

1973年、東京生まれ。音楽学・映画学を専攻。東京藝術大学にて学士号・修士号(音楽学)、九州大学にて博士号(芸術工学)を取得。九州大学助教を経て、現在、西南学院大学国際文化学部准教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「ハリウッド映画と聖書」の画像:

ハリウッド映画と聖書

「ハリウッド映画と聖書」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/480頁
定価 5,280円(本体4,800円)
ISBN 978-4-622-08677-2 C1074
2018年2月15日発行

この本を購入する