みすず書房

ロラン・バルトによるロラン・バルト

ROLAND BARTHES

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 344頁
定価 5,280円 (本体:4,800円)
ISBN 978-4-622-08691-8
Cコード C1010
発行日 2018年5月16日
オンラインで購入
ロラン・バルトによるロラン・バルト

「彼は、自分自身のいかなる〈イメージ〉にも耐えられないし、名づけられることを苦痛に感じている。理想的な人間関係というのはイメージのないことだと彼は思っている。つまり、親しいあいだでは、たがいに〈形容詞〉をなくすことである。形容詞をもちいて語りあう関係は、イメージの側に、支配や死の側にあるのだ。」(「形容詞」)

1975年に「永遠の作家叢書」の一冊として刊行された本書は、ただちに大きな反響と驚きを呼びおこすとともに、挑戦的ともいえる斬新な形式が読者を戸惑わせた。その衝撃と影響は大きく、少なからぬ作家が自伝的作品を発表するようになる。
それから40年以上がすぎた今、かつてバルトが提示した理論や形式は色あせた。だが、だからこそ、熟成した作品としての姿がくっきりと見えてきたのである。そしてこの作品がじつは革新的な文学の試みにほかならなかったことに気づかされる。
バルトのエクリチュールを包んでいた「イカの墨」が、時の効果によって消え去り、長いあいだ見えなかったその革新性が、ようやく読者の心をとらえるようになった。そうした変化に応じて、新たに翻訳され、精密な訳注をそなえた本書の出現は、ロラン・バルト体験を一新することだろう。

目次

写真【46ページのキャプション付きアルバム】
断章【能動的/反作用的—形容詞—気楽さ—類似という悪魔—黒板に—金銭—アルゴー船—傲慢さ—占い師の身ぶり—選択でなく同意を—真実と断定—アトピア—自己指示性、など「全体性という怪物」まで200余の断章、以下略】
訳註
訳註中のバルトの著作リスト
経歴
著作1942-1974
図版説明
訳者あとがき
指標

書評情報

宮下志朗
読売新聞2018年6月24日(日)