「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



実践感覚 1【新装版】

LE SENS PRATIQUE


本書は、名実ともにブルデュの主著である。本書の原型となる《実践の理論粗描》(1972)の公刊以来、彼の思索と理論的構想のほとんど全てが、人間の実践の解明に注がれ、このブルデュ社会学の記念碑的業績にと結実した。
ブルデュは、社会を無意識に律している諸構造を解明する構造主義に対し、その構造を支え、再生産する人間の〈実践=日常的・慣習的行動〉の解明に向かう。そして彼の場合、自由な行為の領域に属する〈科学的・理論的実践〉もまた、慣習的行動の観点から考察される。ハビトゥスやへクシスと不可分の諸々の〈慣習行動〉から〈知的実践〉まで、この広大な人間の実践領域を把握する理論の構築が、ブルデュの壮大な意図である。
そのためには、現代の主要な認識様式との批判的対話が前提とされる。一つは、レヴィ=ストロースの人類学に象徴される構造論的客観主義であり、一つは、サルトルに示される現象学的主観主義である。両者を批判しつつ、同時にその真実を包摂しうる理論的構図――それが、第一巻〈理論理性批判〉において展開される。ブルデュの仕事は、まさに現代の社会諸科学の最も重要な課題への挑戦に他ならない。全2巻。

[初版1988年8月発行、新装版2001年6月発行]


目次


序文

第一部 理論理性批判
序言
第1章 客観化を客観化する
第2章 主観主義の想像的人類学
第3章 構造、ハビトゥス、実践
第4章 信念と身体
第5章 実践の理論
第6章 時間の働き
第7章 象徴資本
第8章 支配の様式
第9章 主観的なものの客観性


あとがき


著訳者略歴

ピエール・ブルデュ
Pierre Bourdieu

1930-2002。フランスのダンガンに生まれる。1951-54年高等師範学校に学び、哲学の教授資格を取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
今村仁司
いまむら・ひとし

1942年岐阜県に生まれる。1970年京都大学経済学部大学院博士課程修了。元東京経済大学教授。2007年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
港道隆
みなとみち・たかし

1953年北海道に生まれる。1981年東京外国語大学大学院修士課程修了。1987年パリ第一大学博士課程修了。甲南大学名誉教授。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「実践感覚 1【新装版】」の画像:

実践感覚 1【新装版】

「実践感覚 1【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/288頁
定価 4,104円(本体3,800円)
ISBN 978-4-622-08749-6 C1010
2018年10月9日発行

この本を購入する