「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



人種主義の歴史【新装版】

RACISM

A Short History


人間の差異は出自によるのか、文化によるのか。生来的で変更不可能な「人種」の名のもとに権力が行使され、支配や排除が合理化される人種主義。本書は、人種主義の歴史を簡明に描きだした記念碑的著作である。
古代社会には自民族中心主義や外国人嫌悪はあっても、「人種」という概念は存在しなかった。やがて中世キリスト教社会に「反ユダヤ主義」が、大航海時代以降には植民地政策に由来する「白人至上主義」が誕生し、人種主義が世界的に猛威をふるうようになる。これら二つの「人種主義」が、ナチスのホロコーストと、米国の奴隷制および南アフリカのアパルトヘイトに帰結するまでの歴史的・形態的な比較は、本書が初めての試みである。
21世紀、グローバル資本主義の進行が「人種の境界」を無化するとき、宗教や文化における「他者」が「人種」に置き換わるのだろうか。アイデンティティの喪失に怯え、あるいはその獲得に躍起になる人びとの狂信が政治化する危険性など、人種をめぐる今後を見通す。
巻末に「訳者解説 日本の人種主義を見すえて」を付した。

[初版2009年12月18日発行]


目次


序論
第一章 宗教と人種主義の発明
第二章 近代的人種主義の台頭──18、19世紀の白人至上主義と反セム主義
第三章 絶頂と退潮──20世紀の人種主義
エピローグ 人種主義と21世紀の夜明け
補遺 歴史的言説としての人種主義概念

訳者解説──日本の人種主義を見すえて


著訳者略歴

ジョージ・M・フレドリクソン
George M. Fredrikson

1934-2008。コネチカット州ブリストル市生まれ。米国の歴史学者。 1956年にハーヴァード大学を卒業後、フルブライト奨学金を得てノルウェイに留学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
李孝徳
り・たかのり/イ・ヒョドク

1962年福岡県小倉生まれ。現在、東京外国語大学教授。表象文化論、ポストコロニアル研究。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「人種主義の歴史【新装版】」の画像:

人種主義の歴史【新装版】

「人種主義の歴史【新装版】」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/248頁
定価 3,960円(本体3,600円)
ISBN 978-4-622-08751-9 C1010
2018年10月9日発行

この本を購入する