「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



きのこのなぐさめ

STIEN TILBAKE TIL LIVET




悲しみの淵にいた私を、そこから連れ出してくれたのは、きのこだった――。

マレーシア人の著者は、文化人類学を学ぶ交換留学生としてやって来たノルウェーでエイオルフと出会い、恋に落ちた。夫婦となった二人は深く愛し合い、日々のささやかなことも人生の一大事についても、何でも話し合う仲だった。
ある朝、いつものように自転車で職場に向かったエイオルフが突然倒れ、そのまま帰らぬ人となる。最愛のパートナーを失った著者は、喪失の痛みのさなか、ふと参加したきのこ講座で、足下に広がるもうひとつの世界、きのこ王国に出会う。きのこたちの生態は、不可思議な魅力に満ち満ちていた。
苔むす森でのきのこ狩りの効用と発見の喜び。きのこ愛好家間の奇妙な友情と不文律。専門家・鑑定士への「通過儀礼」。絶品きのこトガリアミガサタケ。悪名高いシャグマアミガサタケ。色・形・匂いの個性とその奥深さ。とっておきの、きのこレシピ。
悲しみの心象風景をさまよう内面世界への旅と、驚きと神秘に満ちたきのこワンダーランドをめぐる旅をつづけ、魂の回復のときを迎える、再生の物語。約120種類のきのこが登場。


目次


序文

きのこがひとつ、喜びひとつ。きのこがふたつ、喜びふたつ。
  きのこの世界へようこそ/アドレナリン放出

二番目によき死

秘密の場所
  ニューヨーク、セントラルパークでのきのこ狩り/どこできのこを見つけた?/夢

特別専門家集団
  きのこの友情/きのこ専門家の試験──きのこ愛好家の通過儀礼/無慈悲な悲しみのプロセス/小文字の’e’ではじまるenke(未亡人)

きのこへの疑念
  どのきのこなら食べられる?/狭間の国(limbo)/芝に怒る/エープリル・フール

フィフティ・シェイズ・オブ・ポイズン
  白黒つけられない/フロー/人生の轍

トガリアミガサタケ──きのこ王国のダイヤモンド
  ニューヨークでトガリアミガサタケ狩り/ファッショナブルなアミガサタケ/シャグマアミガサタケ──きのこ王国のはみだし者

五感への働きかけ
  全ての感覚をリンクさせる/あんずの香りと他に教わった? アロマ/ねずみ捕りの技術

アロマ・セミナー
  内輪だけにしか通じない専門用語/官能評価パネル/古くからの習慣と新しい習慣/感覚を総動員する

名もなき者たち
  触れてはいけないきのこ/ホイランド教授が様々な角度からリバティキャップを説明する/公平な情報か、それとも群集心理の扇動か?/マッシュルーム・トリップ

前菜からデザートまで
  喪失の数式/スープ/きのこジャーキー/ゴマ油と?油でローストしたきのこ/パテ/きのこのマリネ/きのこのロースト/きのこソース/キャンディーキャップ/砂糖で煮詰めたアンズタケのぶつ切りとアンズタケとアプリコットのアイス/’Dogsup’/お風呂場の体重計/離婚vs死

素晴らしきラテン語
  猿でも分かるきのこの学名/色と形/匂い、アロマ、そして大きさ/ずっと与え続けられる贈り物

天からのキス
  天からのキス

きのこの作法
訳者あとがき
参考文献
きのこ名索引


著訳者略歴

ロン・リット・ウーン
Long Litt Woon

1958-。文化人類学者、作家。マレーシア生まれの中華系マレーシア人(漢字表記は龍麗雲)。ノルウェーの公認きのこ鑑定士。18歳の時、交換留学生としてノルウェーに留学。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
枇谷玲子
ひだに・れいこ

翻訳家。1980年富山県生まれ。デンマーク教育大学児童文学センターに留学。大阪外国語大学(現大阪大学)卒業。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
中村冬美
なかむら・ふゆみ

翻訳家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「きのこのなぐさめ」の画像:

きのこのなぐさめ

「きのこのなぐさめ」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/328頁
定価 3,740円(本体3,400円)
ISBN 978-4-622-08809-7 C0098
2019年8月19日発行

この本を購入する