「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



明治維新の敗者たち

小栗上野介をめぐる記憶と歴史

MEIJI RESTORATION LOSERS

Memory and Tokugawa Supporters in Modern Japan


小栗上野介忠順(1827-68)は万延元年の使節団員として渡米し、勘定奉行や外国奉行を歴任、崩壊しつつある幕政を中枢で支えた人物だが、後世の評価は二分した。一方に、横須賀造船所を建設し、最初の株式会社「兵庫商社」を構想した合理主義者で、近代化の立役者という評価があり、もう一方に、薩長との主戦論を唱え無用な戦争に固執したという見方がある。その主戦論が原因で罷免され現在の群馬県に隠棲したが、謀反の容疑をかけられ新政府軍により斬首。以来、逆賊の謗りを受けてきた。
歴史は勝者によって書かれる。幕末維新史も例外ではない。本書は小栗上野介という類稀な人物を敗者の代表として選び、敗者への公正さを要求した人びとが「勝てば官軍、負ければ賊軍」式の明治政府史観に、いかに抗ってきたかを跡づける。それは草の根的に地方で始まり、全国的な歴史観に影響を与えるに至った。本書はこの過程を豊富な一次史料、文学作品、映画、テレビドラマ、記念事業により実証的にたどった。さらに、明治以来何度となく起こった維新ブーム、「エキゾチック・ジャパン」「歴史街道」「ふるさとブーム」など昭和の地方振興との関係や、「失われた10年」打開の鍵を明治維新に求める時流の影響までを丹念に掘り起こした。
小栗終焉の地に暮らしたアメリカ人研究者が幕末維新史にメモリー・スタディーズの手法を導入した意欲作。

(本書の原書(英語版)に収められている文献一覧は、分量の都合上、日本語版には収録できませんでした。以下よりダウンロードしてご参照ください)


目次


序論――敗者たちを想起する
第一章 最後の旗本
第二章 明治期につくられた徳川ヒーロー
第三章 悪者の救済
第四章 戦後つくり直された維新の敗者たち
第五章 「失われた一〇年」の小栗と新しいヒーローたち
結論――意味のある風景へ

謝辞
日本語版へのあとがき
一五〇年の孤独――訳者あとがきにかえて


索引


著訳者略歴

マイケル・ワート
Michael Wert

マルケット大学(米ウィスコンシン州)歴史学准教授。専門は日本近世史。1997年ジョージ・ワシントン大学卒業(東アジア研究)。2007年カリフォルニア大学で博士号取得(東アジア史)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
野口良平
のぐち・りょうへい

1967年生まれ。京都大学文学部卒業。立命館大学大学院文学研究科博士課程修了。京都造形芸術大学非常勤講師。哲学、精神史、言語表現論。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

関連リンク

この本の関連書


「明治維新の敗者たち」の画像:

明治維新の敗者たち

「明治維新の敗者たち」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
定価 4,180円(本体3,800円)
ISBN 978-4-622-08811-0 C0021
2019年6月17日発行

この本を購入する