「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



みんなにお金を配ったら

ベーシックインカムは世界でどう議論されているか?

GIVE PEOPLE MONEY

How a Universal Basic Income Would End Poverty, Revolutionize Work, and Remake the World



「ユニバーサル・ベーシックインカムについての最良の研究だ」
ローレンス・サマーズ(ハーヴァード大学教授)

フィナンシャルタイムズ「ビジネスブック・オブ・ザ・イヤー」候補

「想像してみてほしい。銀行口座への入金で、毎月お金が届けられる。それで生活は維持できるが、あくまでぎりぎりという金額だ…[この]シンプルで、ラディカルで、エレガントな提案には名前がある。ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)だ。…ここ数年ほどは、[この提案は]驚くほどの存在感をもち始め、一部ではほぼ現実の話として語られるようになった…わたしはUBIについて知れば知るほど、夢中になる気持ちを抑えられなくなった。UBIは現代の経済と政治について実に興味深い問いを投げかけるからだ。インドの経済学者と、シリコンバレーのテクノロジー企業を牛耳る者が同じことを望むなど、ありえるのだろうか。1日60セントで暮らすケニアの村人たちに適した政策が、スイスで最も裕福な州の市民にも等しく適しているなど、そんなことがあるだろうか。本書は、このような問いに答えを出したいという思いで執筆を決意したものだ」(はじめに)

インド僻村の農民、
ホームレス・シェルターの失業者、
シリコンバレーのテクノロジー投資家、
ファストフードで働くシングルマザー、
賛否両論の政治家から経済学者まで――
世界の多様な人々を取材し、その可能性と問題点を報告。


目次


はじめに 賃金支払いの条件は、あなたが、ただそこで生きていること

1 トラックが無人で走る世界  AIとUBI
2 働くことはみじめなこと、つまらないこと  経済的不平等とUBI
3 働くことへの執着と思い入れ  仕事とUBI
4 貧困をテクノロジーでハックする  世界的貧困とUBI
5 ツギ当ての貧困対策  インドのUBI
6 崖っぷちにしがみつく暮らし  福祉政策とUBI
7 格差と差別の歴史  人種差別とUBI
8 彼女たちの10兆ドル  女性とUBI
9 共生を成り立たせるために  多様性とUBI
10 毎月1000ドル  UBIの財源
あとがき 未来のビジョン

謝辞/索引/原注


著訳者略歴

アニー・ローリー
Annie Lowrey

The Atlantic誌の寄稿編集者。New York Timesthe New York Times MagazineSlateなどにも寄稿している。CNN、NPRなどにも出演多数。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
上原裕美子
うえはら・ゆみこ

翻訳家。訳書 オルター『僕らはそれに抵抗できない』(ダイヤモンド社、2019)ヴォ―ゲル『日本経済のマーケットデザイン』(日本経済新聞出版社、2018)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「みんなにお金を配ったら」の画像:

みんなにお金を配ったら

「みんなにお金を配ったら」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/256頁
定価 3,300円(本体3,000円)
ISBN 978-4-622-08844-8 C0033
2019年10月1日発行

この本を購入する