「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



フランクフルト学派のナチ・ドイツ秘密レポート

SECRET REPORTS ON NAZI GERMANY

The Frankfurt School Contribution to the War Effort


アメリカはすでに1942年頃から、ナチス・ドイツの敗北を想定し、戦後処理のための情報を収集していた。しかも書き手は、ドイツから亡命してきたフランクフルト学派の名だたる知識人、ノイマン、マルクーゼ、キルヒハイマーたちであった。
第二次世界大戦中にアメリカの「戦略情報局」(OSS、CIAの前身)の調査・分析部、中欧セクションで書かれた秘密文書をここに公刊。第一部「敵の分析」、第二部「崩壊のパターン」、第三部「政治的オポジション」、第四部「非ナチ化と〔占領〕軍事政府」、第五部「新しいヨーロッパのなかの新しいドイツ」、第六部「ニュルンベルクへ」、第七部「新たな敵」の七部構成・31編のドキュメントから日本語版として15編を収録する。
冷戦構造も見据えたアメリカの戦後世界構想はどのようなものであったか、ノイマンたちはどのような思いで何を書いていたのか。歴史的資料として貴重であるのは言うまでもなく、日本の戦後占領政策にも大きな影響を及ぼしたアメリカの「戦略情報局」の実態をはじめて明かした本書は、フランクフルト学派への新たな視点を提供するとともに、今日の政治・社会状況を考えるヒントも与えている。


目次


凡例
主な略号一覧
著者について

序論  ラファエレ・ラウダーニ

第I部 敵の分析
1 反ユダヤ主義――普遍的なテロの剣先  ノイマン
2 近い将来にありうるナチ・ドイツの政治的変化  マルクーゼ
3 ナチの帝国主義に対するプロイセン軍国主義の意義――連合国の心理戦における潜在的な緊張関係  マルクーゼ/ギルバート

第II部 崩壊のパターン
4 ドイツの戦意  マルクーゼ
5 ドイツ崩壊の可能性のあるパターン  ノイマン/マルクーゼ/ギルバート

第III部 政治的オポジション
6 ドイツ共産党  マルクーゼ
7 ドイツ社会民主党  マルクーゼ

第IV部 非ナチ化と〔占領〕軍事政府
8 ドイツにおける旧政党の再建と新党の立ち上げについての政策  マルクーゼ
9 ドイツにおける行政と公務の一般原理  キルヒハイマー

第V部 新しいヨーロッパのなかの新しいドイツ
10 軍事〔占領〕政府下におけるドイツの政治的・立憲的生活の再建  ノイマン
11 ドイツの取り扱い  ノイマン

第VI部 ニュルンベルクへ
12 戦争犯罪の取り扱いについての問題  ノイマン
13 リーダーシップ〔指導者〕原理と刑事責任  キルヒハイマー/ハーツ
14 ドイツおよびヨーロッパ支配のためのナチの計画――ナチのマスター・プラン  マルクーゼ

第VII部 新たな敵
15 世界共産主義の潜在力  マルクーゼ

訳者あとがき
原注
人名索引


著訳者略歴

フランツ・ノイマン
Franz Leopold Neumann

1900-1954。カトヴィツェ(当時ドイツ領、現在ポーランド)生まれ。ドイツ時代には労働法理論家として活躍。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
ヘルベルト・マルクーゼ
Herbert Marcuse

1898-1979。ベルリン生まれ。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
オットー・キルヒハイマー
Otto Kirchheimer

1905-1965。ハイルブロン生まれ。ドイツ時代にはカール・シュミットの指導の下で「社会主義的・ボリシェヴィキ的国家論」という論文で学位を取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
R・ラウダーニ
Raffaele Laudani
野口雅弘
のぐち・まさひろ

成蹊大学法学部教授。著書『闘争と文化』(みすず書房、2006)『官僚制批判の論理と心理』(中公新書、2011)『忖度と官僚制の政治学』(青土社、2018)。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「フランクフルト学派のナチ・ドイツ秘密レポート」の画像:

フランクフルト学派のナチ・ドイツ秘密レポート

「フランクフルト学派のナチ・ドイツ秘密レポート」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/456頁
定価 7,150円(本体6,500円)
ISBN 978-4-622-08857-8 C1022
2019年12月16日発行

この本を購入する