「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



現象学的人間学【新装版】

AUSGEWÄHLTE VORTRÄGE UND AUFSÄTZE

Band I. Zur Phänomenologischen Anthropologie


ルートウィヒ・ビンスワンガーは20世紀の精神医学に《現存在分析》という新しい道を切りひらき、1966年、85歳の生涯を終えるまで、つねに前衛的な研究活動をつづけてきた。本書は、その代表的な講演と論文をまとめたもので、フッサールの現象学を精神医学のなかに方法としてとり入れ、人間存在の根本構造への探究をテーマとして、広い人文的教養に裏づけされた明晰な思考を展開している。1922年より20数年にわたるそれぞれの講演・論文は、その時点における精神医学界の動向を背景としつつ、時代を超えて生きつづける新しい知見の提出となっている。
「わたくしは人間だ、だからわたくしには人間に関するいかなることも、よそごとには思えないのだ」といったローマ人テレンティウスのことばは、またビンスワンガーのものでもある。いつも病者とともに思考し、それを生きた一精神科医の不滅の光はそこに根ざしている。

[初版1967年10月14日発行]


目次


まえがき
現象学について
生命機能と内的生活史
夢と実存
ヘラクレイトスの人間理解
精神療法について
人間学の光に照らして見たフロイトの人間理解
精神医学における現存在分析的研究方向

解説


著訳者略歴

ルートウィヒ・ビンスワンガー
Ludwig Binswanger

1881-1966。スイス、クロイツリンゲンに生れる。家は代々高名な内科医や精神科医を送り出している名家。コンスタンツのギムナジウムを経て、1904年以後ローザンヌ、ハイデルベルク、チューリヒの各大学で医学を学ぶ。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
荻野恒一
おぎの・こういち

1921年大阪に生れる。1944年京都大学医学部卒業。元慶應義塾大学文学部人間科学科客員教授。1991年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
宮本忠雄
みやもと・ただお

1930年埼玉県に生れる。1954年東京医科歯科大学医学部卒業。精神医学専攻。自治医科大学名誉教授。1999年歿。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
木村敏
きむら・びん

1931年外地に生れる。1955年京都大学医学部卒業。京都大学名誉教授。河合文化教育研究所主任研究員。精神病理学専攻。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「現象学的人間学【新装版】」の画像:

現象学的人間学【新装版】

「現象学的人間学【新装版】」の書籍情報:

A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/320頁
定価 6,600円(本体6,000円)
ISBN 978-4-622-08872-1 C3010
2019年10月25日発行

この本を購入する