「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



暴落 上

金融危機は世界をどう変えたのか

CRASHED

How a Decade of Financial Crises Changed the World




2008年の出来事を理解するための必読書が登場した…
複雑な金融概念をシンプルに説明しながら、
全世界にわたる危機前史と、
その破壊的影響を壮大に描いている。
――『ガーディアン』紙

金融危機についての本は数多いが、
世界的イベントとして捉えた著作はほとんどない…
本書は途方も無い規模をそなえた経済史であり…
読者は多くの驚きを得るだろう。
――『ウォールストリート・ジャーナル』紙

2019年ライオネル・ゲルバー賞受賞
『ニューヨーク・タイムズ』紙「2018年に注目を集めた100冊」
『エコノミスト』誌ベストブック2018

「1914年と2008年について、私たちが発する問いは驚くほど似ている。大いなる安定はどのようにして終わりを迎えるのか。理解もできず、制御不能に近い莫大なリスクはどうやって積み上がるのか。世界秩序の大規模な構造転換は、突然の大変動のなかでどのようにして起きるのか。「時刻表に従って次々と到着する列車」のごとく登場する巨大な技術システムは、どのように組み合わさって破滅を引き起こすのか。時代錯誤で旧態依然の枠組みは、いかに私たちが身の回りの出来事を理解する邪魔をしているのか。私たちは、夢遊病者よろしく危機に突入してしまったのか。それとも、闇の勢力が私たちを危機へと押しやったのか。その後に発生した人為的な大惨事は、誰の責任なのか…」(最終章より)

上巻ではサブプライム危機の前史から、大西洋を挟んだ欧米間での金融構造の生成、リーマンをはじめとする金融危機の勃発、その救済と世界への波及、オバマ政権による刺激プログラムまでをあつかう。


目次


謝辞

序章 グローバル時代初の危機

第I部 嵐の予兆
1 「誤った危機」
2 サブプライム
3 大西洋を挟んだ融資
4 ユーロ圏
5 多極化した世界

第II部 世界的危機
6 「世界史上で最悪の金融危機」
7 救済
8 「大問題」──世界の流動性
9 欧州の忘れられた危機──東欧
10 東からの風──中国
11 G20
12 刺激
13 金融再建

原注


著訳者略歴

アダム・トゥーズ
Adam Tooze

コロンビア大学歴史学教授。ロンドン生まれ。イングランドとドイツのハイデルベルクで育つ。1989年夏にケンブリッジ大学キングス・カレッジで経済学の学士号取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
江口泰子
えぐち・たいこ

翻訳家。バラバシ『ザ・フォーミュラ』(光文社、2019)パトリカラコス『140字の戦争』(早川書房、2019)ウォーターズ『ストレングス・スイッチ』(光文社、2018)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
月沢李歌子
つきさわ・りかこ

翻訳家。マクリスタル他『LEADERS』(日経BP、2019)バーネット他『やせる経済学』(ダイヤモンド社、2019)ピリウーチ『迷いを断つためのストア哲学』(早川書房、2019)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「暴落 上」の画像:

暴落 上

「暴落 上」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/432頁
定価 4,950円(本体4,500円)
ISBN 978-4-622-08874-5 C0033
2020年3月16日発行

この本を購入する