「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



暴落 下

金融危機は世界をどう変えたのか

CRASHED

How a Decade of Financial Crises Changed the World




2008年の出来事を理解するための必読書が登場した…
複雑な金融概念をシンプルに説明しながら、
全世界にわたる危機前史と、
その破壊的影響を壮大に描いている。
――『ガーディアン』紙

金融危機についての本は数多いが、
世界的イベントとして捉えた著作はほとんどない…
本書は途方も無い規模をそなえた経済史であり…
読者は多くの驚きを得るだろう。
――『ウォールストリート・ジャーナル』紙

2019年ライオネル・ゲルバー賞受賞
『ニューヨーク・タイムズ』紙「2018年に注目を集めた100冊」
『エコノミスト』誌ベストブック2018

「…不均質で複合的に発達したグローバルな資本主義が、あらゆる不安定の原因なのか。ポピュリスト政治を動かす激情は、エリート層による政策決定にどんな影響をおよぼすのか。政治家はその激情をどうやって利用するのか。国内の、そして国際的な秩序へと至る道はあるのか。恒久的な安定や平和は実現できるのか。その答えを教えてくれるのは法か。それとも恐怖の均衡と、専門家や将軍の判断に頼るほかないのか。
これらがこの1世紀の間、私たちが1914年について発してきた問いだ。2008年とその余波について、私たちが同じような問いを発するのは偶然ではない。それらは、近代というものの大きな危機につきまとう問いである」(最終章より)

下巻ではギリシャ経済危機から、金融危機の欧州全域への波及、緊縮財政政策、欧州中央銀行による量的緩和の開始、ウクライナ危機、ブレグジット国民投票、トランプ大統領の誕生から2017年までをあつかう。


目次


第III部 ユーロ圏
14 2010年、ギリシャ──先送りとごまかし
15 債務の時代
16 Gゼロの世界
17 破滅のループ
18 必要なことは何でも

第IV部 余波
19 アメリカン・ゴシック
20 テーパー・タントラム
21 くたばれ、EU──ウクライナ危機
22 #Thisisacoup──これはクーデターだ
23 恐怖プロジェクト
24 トランプ
25 来たるべき世界のかたち

人名索引/原注


著訳者略歴

アダム・トゥーズ
Adam Tooze

コロンビア大学歴史学教授。ロンドン生まれ。イングランドとドイツのハイデルベルクで育つ。1989年夏にケンブリッジ大学キングス・カレッジで経済学の学士号取得。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
江口泰子
えぐち・たいこ

翻訳家。バラバシ『ザ・フォーミュラ』(光文社、2019)パトリカラコス『140字の戦争』(早川書房、2019)ウォーターズ『ストレングス・スイッチ』(光文社、2018)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
月沢李歌子
つきさわ・りかこ

翻訳家。マクリスタル他『LEADERS』(日経BP、2019)バーネット他『やせる経済学』(ダイヤモンド社、2019)ピリウーチ『迷いを断つためのストア哲学』(早川書房、2019)ほか。

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「暴落 下」の画像:

暴落 下

「暴落 下」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/448頁
定価 4,950円(本体4,500円)
ISBN 978-4-622-08875-2 C0033
2020年3月16日発行

この本を購入する