「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦

貧乏人は教育で抜け出せるのか?

WHATEVER IT TAKES

Geoffrey Canada’s Quest to Change Harlem and America




「われわれが想像する社会政策をはるかに超えた、魅力的かつ感動的なストーリーだ」(『GQ』誌)

「なぜすべての子供に成功するための道具を与えられないのか? なぜ現実生活における「競技場」を平らにならすことができないのか?」「ほんとうに重要なのは個々のプログラムの成果ではなく、子供たちの生活を根本から変えられるかどうかなのだ…地域の子供を一人として取りこぼすことのないような、密に編まれたセーフティネットを用意する――それが〔創設者〕カナダの目標だった。シンプルだが画期的なこのプログラムを、カナダは〈ハーレム・チルドレンズ・ゾーン〉と名づけた」
「貧しい子供のたどる軌道を変えること。それが本書の結論である。子供の人生のできるだけ早い段階で介入すること。思春期が終わるまで介入をつづけること。学校では余分の授業時間を与え、学校の外では余分のサポートを与えること。できるなら保護者を巻きこみ、保護者があてにならない場合には努めてその不在を埋めあわせること。子供の認知能力を伸ばすことに焦点を当てるが、社会スキル、感情面のスキルのような非認知能力も育むこと」(本文より)
ノーベル経済学賞受賞者ジェームズ・ヘックマンの教育理論を実践したかのようなNPOの実践を紹介する。

《ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの方法論》
●前例のない規模
●総合的なアプローチ
●成功へのパイプライン
●早期からの開始
●大学が答えだ
●データの重視
●コミュニティの再生
●性格を育む
●なんとしてもやり抜く


目次


第1章 抽選
第2章 不公平な子供時代
第3章 ベイビー・カレッジ
第4章 汚染
第5章 戦闘モード
第6章 腐ったリンゴ
第7章 最後のチャンス
第8章 ベルトコンベア
第9章 脱出速度
第10章 卒業
第11章 何が必要か

あとがき
謝辞
索引/原注


著訳者略歴

ポール・タフ
Paul Tough

著述家。貧困と教育の関係に関わる著作多数。邦訳書に『成功する子 失敗する子』(2013)『私たちは子どもに何ができるのか』(2017、共に英治出版)がある。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。
高山真由美
たかやま・まゆみ

翻訳家。 ...続きを読む »

※ここに掲載する略歴は本書刊行時のものです。

この本の関連書


「ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦」の画像:

ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦

「ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦」の書籍情報:

四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
定価 4,950円(本体4,500円)
ISBN 978-4-622-08898-1 C0037
2020年5月18日発行

この本を購入する