みすず書房

臨床医学の誕生【新装版】

NAISSANCE DE LA CLINIQUE

判型 四六変型判 タテ191mm×ヨコ130mm
頁数 392頁
定価 5,500円 (本体:5,000円)
ISBN 978-4-622-08901-8
Cコード C1010
発行日 2020年4月 1日
オンラインで購入
臨床医学の誕生【新装版】

「個人というものは、生命が最初にとる形でもなければ、その最も鋭い形でもない。個が認識の対象となるのは、長い間にわたる空間化の動きのあげくのことである。この動きにとっての決定的な道具は、或る種の言語の使用と、死についての困難な概念化であった。(…)アリストテレスの古い法則は、個についての科学的陳述を禁じていたが、言語の中に死がその概念の場を発見したとき、この禁止は解けたわけである。つまり、その時、空間はまなざしに対して、個の分化した形を開いたわけである。」

18世紀末に端を発する現代医学は、病を知覚する空間とそれを記述する言語、および身体の解剖から始まった。人間が自らの個体を知の対象とする臨床医学は、いかにして誕生したのか。人間科学の医学的基盤とは何か。18-19世紀の認識論的切断を問い、『言葉と物』の先駆をなす、初期フーコーの代表作。

[初版1969年発行、〈始まりの本〉版2011年発行]

目次


第一章 空間と分類
第二章 政治的意識
第三章 自由な場
第四章 臨床医学の淵源
第五章 施療院の教訓
第六章 徴候(シーニュ)と症例
第七章 見ること、知ること
第八章 屍体解剖
第九章 不可視なる可視
第十章 熱病の問題
結論

訳注
訳者あとがき
解説(斎藤環)

文献
索引