みすず書房

精神疾患と心理学【新装版】

MALADIE MENTALE ET PSYCHOLOGIE

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 184頁
定価 3,520円 (本体:3,200円)
ISBN 978-4-622-08902-5
Cコード C1010
発行日 2020年4月 1日
オンラインで購入
精神疾患と心理学【新装版】

「ここで二つの問いが問われる。どのようなふうにして、われわれの文化は、病に逸脱の意味を与え、排除されるべきものとしての地位を、病人に与えるようになったのであろうか。それにもかかわらず、社会が自らの姿をそこにみとめようとしない病のかたちの中に、じつは社会がかえって自らを表現しているというのは、どういういきさつによるのであろうか。」
その後の理論展開を準備した、フーコーの最初の著書。第一部「病の心理学的次元」では、精神病理学を形成してきた三つのアプローチを紹介しながら、その基盤に対して認識論的批判を行う。さらに、第二部「狂気と文化」では、狂気をその文化自体のポジティヴな表現と説き、ヨーロッパの歴史をたどり、その研究の新たな方法を論じる。「哲学入門」というシリーズの一つとして刊行された、最良のフーコーへの入門書。

[初版1970年2月5日]

目次


第一章 精神の医学と身体の医学

 第一部 病の心理学的次元
第二章 病と進化発達
第三章 病と個人の生活史
第四章 病と実存

 第二部 狂気と文化

第五章 精神疾患の歴史的形成
第六章 総体的構造としての狂気
結論
精神医学史年表

訳注
訳者あとがき
人名索引