みすず書房

寺田寅彦と現代【新装版】 電子書籍あり

等身大の科学をもとめて

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 272頁
定価 3,850円 (本体:3,500円)
ISBN 978-4-622-08922-3
Cコード C0042
発行日 2020年5月21日
電子書籍配信開始日 2013年4月 1日
オンラインで購入
電子書籍を購入 *価格は各電子書店でご確認ください
寺田寅彦と現代【新装版】

「寺田寅彦について現代から再照射してみたい……といって、これまで多く書かれてきた寺田寅彦論を繰り返そうという意図ではない。彼の死から70年近くも経っており、現代科学は彼の時代から大きく変貌し、また社会における科学の位置づけも異なっている。過去を惜しむかのような寺田寅彦論ではなく、彼の眼を借りて、現代科学の有りようを批判的に炙り出したいのだ。現代の私たちは、科学・技術の巨大な成果に取り巻かれ、もはや科学・技術と縁を切って生きることができない。しかし、科学・技術の負の側面にも直面することになった。科学は善とばかりに考え、このまま野放図に拡大していって良いかどうか、じっくり考えるべき時が釆ている。科学の光と陰を見据えながら、寺田寅彦を現代に蘇らせてみようという試みである」(はじめに)。

寺田寅彦は「二つの文化」、自然科学と文学という二つの領域において輝かしい業績を遺した。科学にあっては、ゆらぎやアポトーシスなど、複雑系の科学への流れを想定し、映画や連句においてはモンタージュ論によって芸術理論の革新を計った。本書は、科学における多くの先見の明、戦争や地震災害にたいする対応などから、多面的な人間=寅彦の全体像を初めて明らかにし、その遺産を近・現代科学史に位置づけた刺戟的な労作である。

[初版2005年1月21日発行]
(電子書籍版には「新装版のためのあとがき」は収められていません)

目次

はじめに——寺田寅彦との出会い
第一章 「二十世紀の豫言」と現代
第二章 寺田寅彦が提唱した新しい科学
第三章 技術と戦争を巡って
第四章 科学・科学者・科学教育
第五章 自然災害の科学
第六章 科学と芸術
第七章 寅彦と宇吉郎、そして現代


あとがき
新装版のためのあとがき