みすず書房

イエスの意味はイエス、それから… 電子書籍あり

Ja heißt ja und ...

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 144頁
定価 3,080円 (本体:2,800円)
ISBN 978-4-622-08946-9
Cコード C0036
発行日 2020年10月16日
電子書籍配信開始日 2020年10月16日
オンラインで購入
電子書籍を購入 *価格は各電子書店でご確認ください
イエスの意味はイエス、それから…

#MeToo運動が起きたことで、いろいろなことが明らかになった。個人的な出来事だとされてきたことが、そうではなかったことがわかった。暴力と見なされていなかったことが暴力だと認識されるようになってきた。
セクハラを受けた側が居場所を失い、声を上げたことで社会の期待を裏切る存在となる。加害者の言うことが信用され、被害者の言うことは思い込みとされる。この論理のすり替えはなぜ起きるのだろう。
著者エムケは系統だって論じるのではなく、つぶやくように、自問自答するように、暴力とそれが見過ごされるメカニズムを掘り下げていく。子供の頃に言われた言葉、職場での出来事、友人の家で起きたこと……違和感とともに記憶の彼方にあった出来事の意味が明らかになっていく。
私たちは、そう思わされているように、無力でも孤立してもいない。暴力を支える仕組みを問い直し、私たちのものの見方、言葉、イメージ、その共有のしかたをひとつひとつ考え、小さな声で世界を変えていく一冊。

書評情報

日本経済新聞
2020年11月7日
朝日新聞(温又柔・評)
2020年12月5日
東京新聞(河原理子・評)
2020年12月12日