みすず書房

西洋哲学史【新装合本】

判型 A5判 タテ210mm×ヨコ148mm
頁数 880頁
定価 16,500円 (本体:15,000円)
ISBN 978-4-622-08957-5
Cコード C1010
発行日 2020年11月 2日
オンラインで購入
西洋哲学史【新装合本】

「哲学は、それがおこなわれた最古の時代から、単なる諸学派が関心を示す事柄ではなく、またひとにぎりの学者たちが論争しあう事柄でもなかった。哲学は、社会生活の統合的な一部だったのであり、そのようなものとしての哲学を、わたしは考察しようと努めたのである。もし本書になんらかの長所があるとすれば、それはこの観点からひき出されたものであろう。」

イギリスの哲学者であり、論理学や数学基礎論に貢献したバートランド・ラッセルが、アメリカにおける講義をもとに1946年に刊行した西洋哲学史。古代ギリシャのソクラテス以前の哲学から、中世のキリスト教の神学・哲学を経て、ルネッサンス、近代、20世紀の前半まで、独自の解釈で叙述する。その特徴は、哲学をその時代の背景との関連において把握を試みたことであり、明快でウィットあふれる文章により、哲学者とその思想がいきいきと描かれる。数々の社会問題にも関わってきたラッセルならではの視点は、哲学の役割を再考するうえで、21世紀においても示唆に富んでいる。

(本書は、小社より刊行された『西洋哲学史』(全3巻、1954-56)およびその合本『西洋哲学史』(1961)を改版した『西洋哲学史』(合本、1969)をこのたび新装にしたものです。
なお、その『西洋哲学史』(合本、1969)を元に、『西洋哲学史』(全3巻、1970)が小社より、また、四六判の判型で「バートランド・ラッセル著作集」第11-14巻として『西洋哲学史 1-4』(1959)も小社より刊行されています。)

目次

原著者まえがき
序説

古代哲学

第一部 ソクラテス以前の哲学
第1章 ギリシャ文明の勃興
第2章 ミレトス学派
第3章 ピタゴラス
第4章 ヘラクレイトス
第5章 パルメニデス
第6章 エンペドクレス
第7章 文化との関連におけるアテナイ
第8章 アナクサゴラス
第9章 原子論者たち
第10章 プロタゴラス

第二部 ソクラテス、プラトン及びアリストテレス
第11章 ソクラテス
第12章 スパルタの影響
第13章 プラトンの意見の源泉
第14章 プラトンの理想国
第15章 イデア説
第16章 プラトンの不死説
第17章 プラトンの宇宙創成説
第18章 プラトンにおける知識と知覚
第19章 アリストテレスの形而上学
第20章 アリストテレスの倫理学
第21章 アリストテレスの政治学
第22章 アリストテレスの論理学
第23章 アリストテレスの自然学
第24章 初期ギリシャの数学と天文学

第三部 アリストテレス以降の古代哲学
第25章 ヘレニズムの世界
第26章 キニク学派と懐疑学派
第27章 エピクロス学派
第28章 ストア主義
第29章 文化との関連におけるローマ帝国
第30章 プロティノス

中世哲学

序説

第一部 教父時代
第1章 ユダヤ人の宗教的発展
第2章 最初の四世紀におけるキリスト教
第3章 教会の三人の博士たち
第4章 聖アウグスティヌスの哲学と神学
第5章 五世紀と六世紀
第6章 聖ベネディクトゥスとグレゴリウス大法王

第二部 スコラ哲学時代
第7章 暗黒時代における法王制
第8章 ヨハンネス・スコトゥス
第9章 十一世紀における教会の改革
第10章 マホメット教徒の文化と哲学
第11章 十二世紀
第12章 十三世紀
第13章 聖トマス・アクィナス
第14章 フランチェスコ団のスコラ学者たち
第15章 法王制の衰退

近代哲学

第一部 ルネッサンスからヒュームまで
第1章 一般的性格
第2章 イタリアのルネッサンス
第3章 マキャヴェリー
第4章 エラスムスとモーア
第5章 宗教改革と反宗教改革
第6章 科学の興隆
第7章 フランシス・ベイコン
第8章 ホッブスの「リヴァイアサン」
第9章 デカルト
第10章 スピノーザ
第11章 ライプニッツ
第12章 哲学上の自由主義
第13章 ロックの認識論
第14章 ロックの政治哲学
第15章 ロックの影響
第16章 バークリー
第17章 ヒューム

第二部 ルソーより現代まで
第18章 浪漫主義的運動
第19章 ルソー
第20章 カント
第21章 十九世紀思潮
第22章 ヘーゲル
第23章 バイロン
第24章 ショーペンハウアー
第25章 ニーチェ
第26章 功利主義者たち
第27章 カール・マルクス
第28章 ベルグソン
第29章 ウィリアム・ジェイムズ
第30章 ジョーン・デューイ
第31章 論理分析の哲学

訳者あとがき
索引