みすず書房

医師が死を語るとき 電子書籍あり

脳外科医マーシュの自省

ADMISSIONS

A Life in Brain Surgery

判型 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm
頁数 320頁
定価 3,520円 (本体:3,200円)
ISBN 978-4-622-08966-7
Cコード C0036
発行日 2020年12月10日
電子書籍配信開始日 2020年12月10日
オンラインで購入
電子書籍を購入 *価格は各電子書店でご確認ください
医師が死を語るとき

「安楽死が認可されていない場合に私たちが迫られる選択は、すぐに悲惨な死を迎えるか、数カ月以上先延ばしにして、後日悲惨な死を迎えるかのどちらかということになる。驚くには値しないが、私たちのほとんどは後者を選択し、どれほど不快なものであっても治療を受ける」
イギリスを代表する脳神経外科医マーシュは、国民保健サービス(NHS)によって様変わりした医療現場に辟易し、勤めていた病院を去った。旧知の外科医たちを頼り、行きついた海外の医療現場――貧困が色濃く影を落とす国々の脳神経外科手術の現場でも、老外科医は数々の救われない命を目の当たりにする。
私たちにとって「よき死」とはいったい何なのだろうか? それは私たちに可能なのだろうか? そして、私たちの社会はそれを可能にしているのだろうか?
マーシュは実感を込めてラ・ロシュフコーの言葉を引く――「私たちは太陽も死も、直視することができない」。該博な知識から生命と人生の意味を問い、患者たちの死、そしてやがてくる自らの死に想いをめぐらせる自伝的ノンフィクション。

目次

序文
1 水門管理人のコテージ
2 ロンドン
3 ネパール
4 アメリカ
5 覚醒下開頭手術
6 心脳問題
7 象に乗る
8 弁護士たち
9 ものづくり
10 割られた窓
11 記憶
12 ウクライナ
13 申し訳ありませんでした
14 キタリス
15 太陽も、死も
謝辞
訳者あとがき

書評情報

中村桂子
(JT生命誌研究館名誉会長)
毎日新聞 2021年1月16日
森岡正博
(早稲田大学教授)
日本経済新聞 2021年1月23日
若松英輔
(批評家・随筆家)
東京新聞 2021年2月6日