「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



歴史 (385冊)

世界史(アジア) (27冊)

  • 毛沢東伝 上
    毛沢東伝 上1893-1949
    [主編] 金冲及   [監訳] 村田忠禧   [監訳] 黄幸  
    毛沢東はどうして毛沢東になりえたのか? この問いに答えることは、現代中国を理解することに他ならない。新アジア創世記の第一章〈中国革命〉のヒーローが毛沢東であるとすれば、まさに〈時勢は ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/448頁
    • 定価 8,640円(本体8,000円)
    • ISBN 4-622-03806-4 C1023
    • 1999年11月18日発行
  • 毛沢東伝 下
    毛沢東伝 下1893-1949
    [主編] 金冲及   [監訳] 村田忠禧   [監訳] 黄幸  
    上巻は、毛沢東の誕生から、青年期の人格・思想の形成にはじまり、土地革命戦争、長征、西安事変まで、革命家としての成長と党内で権力を確立していく過程とが描かれた。下巻は、抗日戦争、延安 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/512頁
    • 定価 9,720円(本体9,000円)
    • ISBN 4-622-03807-2 C1023
    • 2000年7月19日発行
  • 蒋介石書簡集 上
    蒋介石書簡集 上1912-1946
    [著者] 蒋介石   [編] 丁秋潔   [編] 宋平   [訳者] 鈴木博  
    孫文、毛沢東とならんで現代中国を揺り動かした人、蒋介石の歴史的役割にいま再評価の光が当てられようとしている。彼と中国現代史上の人々の間に交わされた1700通余の書簡・情報類は、民国史研 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/376頁
    • 定価 12,960円(本体12,000円)
    • ISBN 4-622-03808-0 C3022
    • 2000年3月16日発行
  • 蒋介石書簡集 中
    蒋介石書簡集 中1912-1949
    [著者] 蒋介石   [編] 丁秋潔   [編] 宋平   [訳者] 鈴木博  
    孫文、毛沢東とならんで現代中国を揺り動かした人、蒋介石の歴史的役割にいま再評価の光が当てられようとしている。彼と中国現代史上の人々の間に交わされた1700通余の書簡・情報類は、民国史研 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/384頁
    • 定価 14,040円(本体13,000円)
    • ISBN 4-622-03809-9 C3022
    • 2000年9月8日発行
  • 蒋介石書簡集 下
    蒋介石書簡集 下1912-1949
    [著者] 蒋介石   [編] 丁秋潔   [編] 宋平   [訳者] 鈴木博  
    孫文、毛沢東とならんで現代中国を揺り動かした人、蒋介石の歴史的役割にいま再評価の光が当てられようとしている。彼と中国現代史上の人々の間に交わされた1700通余の書簡は民国史研究への道を ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/608頁
    • 定価 21,600円(本体20,000円)
    • ISBN 4-622-03844-7 C3022
    • 2001年2月23日発行
  • 風呂
    風呂
    [著者] 楊絳   [訳者] 中島みどり  
    人民共和国成立直後の北京。舞台は小さな文学研究社。そこでは老若男女、様々な世代の職員たちが、深刻かつ滑稽な悲喜劇を演じていた…… ヨーロッパ帰りの青年研究者・許彦成と美しい妻・杜麗 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/440頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-04556-7 C0097
    • 1992年10月7日発行
  • 声のないところは寂寞
    声のないところは寂寞詩人・何其芳の一生
    [著者] 宇田禮  
    中国の抗日戦のさなか、中学教師であった何其芳は革命の中心地、延安に向かった。彼は魯迅芸術学院の教師となり、共産党に入党した。この本の表題にとられた「声のないところは寂寛」という一節 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/328頁
    • 定価 2,916円(本体2,700円)
    • ISBN 4-622-04587-7 C1098
    • 1994年7月12日発行
  • 茅盾回想録
    茅盾回想録
    [著者] 茅盾   [訳者] 立間祥介   [訳者] 松井博光  
    茅盾(ぼう・じゅん、1896-1981)の名は、『子夜(真夜中)』(1933)や『霜葉は二月の花に似て紅なり』(1941)などの長編で知られる。この現代中国文学を代表する作家、魯迅精神の継承者とい ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/400頁
    • 定価 14,040円(本体13,000円)
    • ISBN 4-622-04719-5 C3098
    • 2002年9月5日発行
  • 日帝時代、わが家は
    日帝時代、わが家は
    [著者] 羅英均   [訳者] 小川昌代  
    人生のよき先輩であり、友人のようでもあった穏和な父には、厳しい抗日運動家としての若き日があった。父の妹は、洋画家の草分けとして脚光を浴び、「新しい女」として注目を集めたが、それゆえ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/224頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-04860-4 C1098
    • 2003年2月13日発行
  • ゾミア
    ゾミア脱国家の世界史
    [著者] ジェームズ・C・スコット   [監訳] 佐藤仁   [訳者] 池田一人   [訳者] 今村真央   [訳者] 久保忠行   [訳者] 田崎郁子   [訳者] 内藤大輔   [訳者] 中井仙丈  
    アカ、カチン、フモン、ラフ……。様々な人々が独自の社会を築いたインドシナ半島の奥地、ゾミア。この深い山中の民族文化や生業は、国家を回避するための戦略だった。世界の自由民たちが息づく ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/464頁
    • 定価 6,912円(本体6,400円)
    • ISBN 978-4-622-07783-1 C1022
    • 2013年10月3日発行