「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



歴史 (394冊)

日本史(近代) (127冊)

  • 日中和平工作
    日中和平工作回想と証言1937-1947
    [著者] 今井武夫   [監修] 高橋久志   [監修] 今井貞夫  
    〈私が独断で協定調印と同時に、日本軍の自発的撤退を発言したのは、記述の通り日本軍の戦略態勢が極めて不利で、且つ危険であったから、敢てこの提案をしても、却て日本軍の現状に適合するので ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/424頁
    • 定価 17,600円(本体16,000円)
    • ISBN 978-4-622-07438-0 C3021
    • 2009年3月25日発行
  • 虜囚の記憶
    虜囚の記憶
    [著者] 野田正彰  
    「過ぎ去ろうとしない記憶は、老いてさらに鮮明になっていく。今生きている日本人に、そして中国人に、中日戦争で何が起こったか、民衆はいかに苦しんだか、知ってもらうために記憶は生き続けて ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/328頁
    • 定価 3,520円(本体3,200円)
    • ISBN 978-4-622-07468-7 C0036
    • 2009年6月25日発行
  • 漢奸裁判史【新版】
    漢奸裁判史【新版】1946-1948
    [著者] 益井康一   [解説] 劉傑  
    〈今年は不幸な支那事変が勃発してから、40年目に当るが、支那事変史の最終ページはまだ書かれていない。そこで事変史にピリオドを打つために、書いたのが本書である。……汪兆銘、陳公博以下、 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/400頁
    • 定価 4,950円(本体4,500円)
    • ISBN 978-4-622-07499-1 C1022
    • 2009年10月22日発行
  • 昭和
    昭和戦争と平和の日本
    [著者] ジョン・W・ダワー   [監訳] 明田川融  
    「一億一心」「一億火玉」、最後は「一億玉砕」――第二次大戦中の日本は、この種の政治的スローガンに覆いつくされていた。しかし社会の内実は、無秩序、緊張、混乱にみちていたのだ。『昭和』 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/344頁
    • 定価 4,180円(本体3,800円)
    • ISBN 978-4-622-07517-2 C1021
    • 2010年2月24日発行
  • 大正デモクラシー期の政治と社会
    大正デモクラシー期の政治と社会
    [著者] 松尾尊兊  
    大正デモクラシーは第二次大戦後の民主主義を、歴史的・内発的に用意したが、当時の現実としては、対外的な帝国主義の追求と資本主義の急速な発展のもとで、1918年の全国的な米騒動、治安維持法 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/664頁
    • 定価 22,000円(本体20,000円)
    • ISBN 978-4-622-07684-1 C1036
    • 2014年1月20日発行
  • 大戦間期の宮中と政治家
    大戦間期の宮中と政治家
    [著者] 黒沢文貴  
    本書が考察の対象にするのは第一次大戦後の世界である。それまでの国際社会を律してきた原理原則が大きな転換を迫られるとともに、日本国内の体制にもそれに見合う変革が求められた時代、大正デ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/368頁
    • 定価 4,400円(本体4,000円)
    • ISBN 978-4-622-07746-6 C3031
    • 2013年2月18日発行
  • 指紋と近代
    指紋と近代移動する身体の管理と統治の技法
    [著者] 高野麻子  
    現在、「生体認証技術(biometrics)」と総称され、あらゆる身体的特徴を利用した個人認証技術の開発が進められているが、指紋はその草分け的存在だった。 指紋によって個人を識別する「指紋法 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 4,070円(本体3,700円)
    • ISBN 978-4-622-07967-5 C1036
    • 2016年2月19日発行
  • 富岡日記
    大人の本棚
    富岡日記
    [著者] 和田英   [解説] 森まゆみ  
    著者・和田英が明治40年頃、病気の母を慰めるために書きはじめた本書は、群馬県富岡につくられた官営富岡製糸場の伝習工女として、著者16歳の明治6年、同郷の長野県松代の女子15名とともに出立 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/208頁
    • 定価 2,750円(本体2,500円)
    • ISBN 978-4-622-08087-9 C1395
    • 2011年2月17日発行
  • 大隈重信関係文書 1
    大隈重信関係文書 1あ―いの
    [編] 早稲田大学大学史資料センター  
    「過日以飛書粗当地之事情申上置候に付御承知被下候御事と遥察仕候。其後更に相変候儀も無御坐候処、過る四日黄昏於京師暴客七八名大村益次郎旅寓に乱入席上在る客両人被殺害、大村は幸にして死 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/360頁
    • 定価 11,000円(本体10,000円)
    • ISBN 4-622-08201-2 C3021
    • 2004年10月19日発行
  • 大隈重信関係文書 2
    大隈重信関係文書 2いの―おお
    [編] 早稲田大学大学史資料センター  
    「昨日便船に而二十名或は四十名とも言ふ、右は貴卿を刺すの旨趣と聞く。肥前一体も同論と言ふ。是等は元々御承知決而無御助才ことと存候へ共、懸念不少一筆申入候。江東今日に而は必死之地に陥 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/336頁
    • 定価 11,000円(本体10,000円)
    • ISBN 4-622-08202-0 C3021
    • 2005年11月10日発行