「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



歴史 (388冊)

日本史(近代) (127冊)

  • 指紋と近代
    指紋と近代移動する身体の管理と統治の技法
    [著者] 高野麻子  
    現在、「生体認証技術(biometrics)」と総称され、あらゆる身体的特徴を利用した個人認証技術の開発が進められているが、指紋はその草分け的存在だった。 指紋によって個人を識別する「指紋法 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/304頁
    • 定価 4,070円(本体3,700円)
    • ISBN 978-4-622-07967-5 C1036
    • 2016年2月19日発行
  • 富岡日記
    大人の本棚
    富岡日記
    [著者] 和田英   [解説] 森まゆみ  
    著者・和田英が明治40年頃、病気の母を慰めるために書きはじめた本書は、群馬県富岡につくられた官営富岡製糸場の伝習工女として、著者16歳の明治6年、同郷の長野県松代の女子15名とともに出立 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/208頁
    • 定価 2,750円(本体2,500円)
    • ISBN 978-4-622-08087-9 C1395
    • 2011年2月17日発行
  • 大隈重信関係文書 1
    大隈重信関係文書 1あ―いの
    [編] 早稲田大学大学史資料センター  
    「過日以飛書粗当地之事情申上置候に付御承知被下候御事と遥察仕候。其後更に相変候儀も無御坐候処、過る四日黄昏於京師暴客七八名大村益次郎旅寓に乱入席上在る客両人被殺害、大村は幸にして死 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/360頁
    • 定価 11,000円(本体10,000円)
    • ISBN 4-622-08201-2 C3021
    • 2004年10月19日発行
  • 大隈重信関係文書 2
    大隈重信関係文書 2いの―おお
    [編] 早稲田大学大学史資料センター  
    「昨日便船に而二十名或は四十名とも言ふ、右は貴卿を刺すの旨趣と聞く。肥前一体も同論と言ふ。是等は元々御承知決而無御助才ことと存候へ共、懸念不少一筆申入候。江東今日に而は必死之地に陥 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/336頁
    • 定価 11,000円(本体10,000円)
    • ISBN 4-622-08202-0 C3021
    • 2005年11月10日発行
  • 大隈重信関係文書 3
    大隈重信関係文書 3おお―かと
    [編] 早稲田大学大学史資料センター  
    1898年8月末、露国皇帝は「兵備を縮少し列国相共に永久平和を擁護するに在り」と声明した。これに対し、「陸軍に於ては世界に冠たる露国の皇帝之を口外せられたることなれは、各国は全くの奇驚 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/360頁
    • 定価 11,000円(本体10,000円)
    • ISBN 4-622-08203-9 C3021
    • 2006年12月8日発行
  • 大隈重信関係文書 4
    大隈重信関係文書 4かと―くれ
    [編] 早稲田大学大学史資料センター  
    本巻には河北俊弼、川路寛堂、河瀬秀治、北代正臣、熊谷武五郎ら、大隈大蔵卿を支え、明治維新期の財政、金融政策を担った若き大蔵官僚たちをはじめ、加藤政之助、金子堅太郎、嘉野治五郎、岸田 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/352頁
    • 定価 11,000円(本体10,000円)
    • ISBN 978-4-622-08204-0 C3021
    • 2008年1月25日発行
  • 大隈重信関係文書 5
    大隈重信関係文書 5くろ―さと
    [編] 早稲田大学大学史資料センター  
    「閣下の恩恵を蒙る者は恐く其美を挙て其欠を責る者なかるへし。今友厚は従来の鴻恩万分一を報せん為め閣下の短欠を述て赤心を表す。閣下高明失敬を恕せよ。第一条 愚説愚論を聞くことに能く堪 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/376頁
    • 定価 11,000円(本体10,000円)
    • ISBN 978-4-622-08205-7 C3021
    • 2009年3月5日発行
  • 大隈重信関係文書 6
    大隈重信関係文書 6さの―すわ
    [編] 早稲田大学大学史資料センター  
    「昨日電話にて一寸御通知申上候船名並に船主旗別紙之通りに三宅博士御意見により決定仕候間、不取敢御報告申上候」 明治43年9月26日、南極探検一番乗りの勇士であった白瀬矗は、探検船南極丸の ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/432頁
    • 定価 11,000円(本体10,000円)
    • ISBN 978-4-622-08206-4 C3021
    • 2010年1月22日発行
  • 大隈重信関係文書 7
    大隈重信関係文書 7せい―とく
    [編] 早稲田大学大学史資料センター  
    「牛込早稲田方江  栃木県より 自由党の馬鹿めらの攻撃は大黒のつちなり。 うつごとに我々の頭上に幸ひを与ひり。」(田中正造、明治26年5月11日) 初期議会期、自由党と改進党の対立が激化す ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/472頁
    • 定価 11,000円(本体10,000円)
    • ISBN 978-4-622-08207-1 C3021
    • 2011年2月10日発行
  • 大隈重信関係文書 8
    大隈重信関係文書 8とく―はつ
    [編] 早稲田大学大学史資料センター  
    「又々阿堵物に事欠き汗顔之至に御坐候得共御高庇奉仰候。……近著経綸問答は赤坂之言にどうやら多分に售られそふに御座候間、追々少許之収入も可有之と相楽居申候」(中江兆民書翰 明治20年7 ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/512頁
    • 定価 11,000円(本体10,000円)
    • ISBN 978-4-622-08208-8 C3021
    • 2012年3月5日発行