「みすず書房」ページ内リンク

  1. 「メインメニュー」へ移動
  2. 「みすず書房の本の検索メニュー」へ移動
  3. 「本文」へ移動
  4. 「サイト利用ガイド」へ移動



ジャンル別一覧



哲学・思想 (378冊)

日本の哲学・思想(戦後思想) (36冊)

  • 戦後精神の経験 I
    藤田省三著作集 7
    戦後精神の経験 I
    [著者] 藤田省三  
    「戦後精神の経験」I・IIは、著作集の他の巻に収録されたものを除き、単行本未収録の諸編をも補い、著者のほぼ全著作を綱羅し、発表年代順に編成したものである。これによって本著作集は、全集 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/488頁
    • 定価 5,400円(本体5,000円)
    • ISBN 4-622-03107-8 C1331
    • 1998年5月25日発行
  • 戦後精神の経験 II
    藤田省三著作集 8
    戦後精神の経験 II
    [著者] 藤田省三  
    「戦後精神の経験IIは、著者がしぱらく日本を離れ、イギリスから帰国しての第一声、1969年5月の「高度成長反対」から始まる。その翌月からは、「根拠律」「文明論之概略」といった表題で雑誌『 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/792頁
    • 定価 8,640円(本体8,000円)
    • ISBN 4-622-03108-6 C1331
    • 1998年10月23日発行
  • 「写真と社会」小史
    藤田省三著作集 9
    「写真と社会」小史
    [著者] 藤田省三  
    「〈写真〉が世界的変動過程の一断面を典型的に表現する〈芸術〉となったのは、現代的大都市の矛盾のド真ん中においてであった。……『ブリュメール十八日』に書かれ、ボードレールの詩的苦闘等 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/120頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-03109-4 C1331
    • 1997年4月25日発行
  • 異端論断章
    藤田省三著作集 10
    異端論断章
    [著者] 藤田省三  
    「人類の歴史の中には、〈最高の〉精神的次元と〈最も原始的な〉権力的次元とが入り組んだ争いが如何に多いことであろうか。……この歴史の悲劇的な迷路から我々人間を解き放つ道は先ずその迷路 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/176頁
    • 定価 3,240円(本体3,000円)
    • ISBN 4-622-03110-8 C1331
    • 1997年7月31日発行
  • 丸山眞男の世界
    丸山眞男の世界
    [編] 「みすず」編集部  
    「丸山は日本における倫理的な個人主義と実質的な民主主義の萌芽に目をかけることを決してやめなかった」(ベラー)「丸山の思想はアジア全体の研究者一般に共通する新鮮さと妥当性を内包してい ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/168頁
    • 定価 1,944円(本体1,800円)
    • ISBN 4-622-03658-4 C1030
    • 1997年3月5日発行
  • 自己内対話
    自己内対話3冊のノートから
    [著者] 丸山眞男  
    〈国際交流よりも国内交流を、国内交流よりも、人格内交流を! 自己自身のなかで対話をもたぬ者がどうしてコミュニケーションによる進歩を信じられるのか〉 〈俺はコーヒーがすきだという主張と ...
    • 四六変型判 タテ188mm×ヨコ131mm/312頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-03659-2 C1095
    • 1998年2月24日発行
  • 丸山眞男の思想世界
    丸山眞男の思想世界
    [著者] 笹倉秀夫  
    「丸山眞男が、戦後日本の重要な思想家であることは、多くの人が認めるところであろう。だが、その膨大な作品に結晶している丸山の思想と思考は全体としてどのような構造を成しているか、かれの ...
    • A5判 タテ210mm×ヨコ148mm/496頁
    • 定価 6,696円(本体6,200円)
    • ISBN 4-622-07033-2 C0010
    • 2003年3月20日発行
  • 星星之火
    星星之火
    [著者] 永山正昭   [編] 平岡茂樹   [編] 飯田朋子  
    永山正昭は小樽出身、20歳そこそこで船の通信士となり、2年ほど香港―ニューヨーク航路で働いた。その後は海上労働運動に専心し、戦中―戦後を通じて、海員向け機関紙・誌の編集にも関わった。 ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/344頁
    • 定価 3,024円(本体2,800円)
    • ISBN 4-622-07045-6 C1036
    • 2003年7月16日発行
  • 自由の精神
    自由の精神
    [著者] 萩原延壽  
    「好きな文章に出会うと、すぐそれを写したくなる癖が、わたしにはあるらしい。写していると、やがて自他の区別がつかなくなり、自分でも惚れ惚れするような名文を書いているという錯覚に陥るこ ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/400頁
    • 定価 3,888円(本体3,600円)
    • ISBN 4-622-07058-8 C1095
    • 2003年9月10日発行
  • 丸山眞男との対話
    丸山眞男との対話
    [著者] 石田雄  
    丸山眞男の最初の弟子として、1947年の第一回丸山ゼミに参加して以来、つねに丸山のそばで距離をとりつつみずからの政治学を実践してきた著者が、はじめて纏める論集である。 他者を理解すると ...
    • 四六判 タテ188mm×ヨコ128mm/232頁
    • 定価 2,700円(本体2,500円)
    • ISBN 4-622-07123-1 C1036
    • 2005年1月21日発行